« 鈴木其一 菖蒲に蛾図 - MIHO MUSEUM | トップページ | IL PENTAMERONE »

2006年5月23日 (火)

武満 徹 -見ることは聴くこと-

武満徹―Visions in Time 『人間は、眼と耳とがほぼ同じ位置にあります。これは決して偶然ではなく、もし神というものがあるとすれば、神がそのように造ったんです。

眼と耳。

フランシス・ポンジュの言葉に、「眼と耳のこの狭い隔たりのなかに世界のすべてがある。」という言葉がありますが―音を聴く時――

たぶん私は視覚的な人間だからでしょうが
――視覚がいつも伴ってきます。

そしてまた、眼で見た場合、それが聴感に作用する。しかもそれは別々のことではなく、常に互いに相乗してイマジネーションを活力あるものにしていると思うのです。』 by Book「武満徹 ─ Visions in Time」

武満 徹さんが発想を得た絵画作品などが、彼の姿、手書きの譜面とともに織り込まれた本。

-協和的なサウンドながら今までとは違った調性感覚を持つ-と評されていますが、処女作「2つのレント」は、当時は酷評されて、こっそり映画館で涙を流したという話を聞き、どんなに才能のある方でも(一般の社会でも)、そういう出来事があるのだと知り、胸が震えました。

そんな武満 徹さんの手書きの譜面には、音符と鳥が・・・。言の葉が満ちる譜面です。

Tokinoentei_1


聴くことは見ること

時間(とき)の園丁

「武満徹|Visions in Time展」

「武満徹 ─ Visions in Time」展


|

« 鈴木其一 菖蒲に蛾図 - MIHO MUSEUM | トップページ | IL PENTAMERONE »

コメント

>どんなに才能のある方でも(一般の社会でも)、そういう出来事があるのだと知り
ソウデスネ。ゴッホにしても、理解されないと言うのは、天才でもつらいんですね。
今セザンヌ思い出しました。あの人認められずとも自信満々だった気がします。
申し遅れました。はじめまして。

投稿: とーし | 2006年7月 1日 (土) 20時18分

とーしさん、2週間近くも気がつかず、申し訳ありません。
ようこそいらっしゃいました。

はじめまして。ささやかなこのblogにいらしてくださってありがとうございます。

有名・無名にかかわらず、才能のある方が世の中にたくさんいますね。世に出る、出ないにかかわらず、その苦い経験を、そっと自分だけで拭える人物が魅力的です。

『理解されないと言うのは、天才でもつらいんですね。』
おっしゃるとおり、人は理解されてこそ、必要とされていると強く感じるのですね。

投稿: kafka | 2006年7月13日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/1910391

この記事へのトラックバック一覧です: 武満 徹 -見ることは聴くこと-:

» 武満 徹 −聴くことは見ること− [Life Style Concierge]
歌姫 Nachtigallで、ナイティンゲールの詩による音楽作品をご紹介したことがありました。その一人に20世紀フランスを代表する作曲家オリヴィエ・メシアンの「鳥のカタログ:Catalogue d'Oiseaux」。ピアノの88本の鍵盤から風、光、鳴声、せせらぎが聴こえる。 そのメシアンの影響を受けたといわれている、「世界のタケミツ」としてその名を轟かせる武満 徹さんの初期の作風。 神話に登場する一つ目の巨人族「キュクロプス」でお馴染みのオディロン・ルドンですが、彼の描く目玉は、ルドン自... [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 23時29分

» 武満 徹 実験工房 [RE+nessance]
「厳しい、実に厳しい。このような曲をあんな小柄な男が書くとは!」 武満 徹氏をこのように絶賛したのは、ストラヴィンスキー。処女作に続き、「弦楽のためのレクイエム」も酷評された。その曲を褒め称えられたことにより、世界に知られる作曲家となる。これは、病床で死を隣に感じていたという時期の作品だという。 音楽、美術、映画、文学、思想と、彼の領域は広い。 「楽音のなかに騒音をもちこむこと」−武満 徹氏の言の葉には、聴くことと見ることが接点を持つ。それは、ストラヴィンスキーに賞賛されるまで、酷評の... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 03時26分

» 木之下晃 武満徹と語る [Magnum Photos Photographer ]
月刊日本カメラ1976年6月号に写真家の木之下晃氏と作曲家の武満徹氏の対談が掲載されていたという。「たい談・てい談」という、当時の連載らしい。 「たい談・てい談」を拝見すると、木之下氏のといかけから、武満氏がポラロイドに関心があること、写真家アンセル・ア...... [続きを読む]

受信: 2006年5月25日 (木) 00時23分

» 武満徹と雅楽 [Panga]
シャンソン「聴かせてよ、愛の言葉を」から音楽家への志をもち、ジョセフィン・ベーカーのシャンソンが好きな武満 徹さんは、「日本的なものは全否定、三味線などは聴くのもいやだった」と言っていたことがあったそうです。 ある日の電車でのこと。 「調律された楽音のなかに騒音をもちこむことを着想した。」 1948年の頃のことです。 60年代に琵琶と尺八のための「エクリプス」、70年代には琵琶、尺八、オーケストラのための「ノヴェンバー・ステップス」が創作されたのですが、融合ではなく、あくまでも「異質... [続きを読む]

受信: 2006年5月25日 (木) 03時01分

» 世界の音楽家 [REMOVE]
モーツァルトへの旅 は、音楽写真の世界の第一人者である木之下晃氏、 堀内修氏の写真紀行である。モーツァルトといえば、LA FOLLE JOURNEE au JAPON が終わり、次は2007となるのだが、期間中に木之下晃氏の写真展を「熱狂の日」音楽祭と連携し、 和光ホールで開催されていた... [続きを読む]

受信: 2006年5月25日 (木) 17時07分

» 武満徹と和田誠 [ComicStrip]
『ぼくはイラストレーターでありグラフィックデザイナーです。ときどきエッセイを書き、たまにアニメーションを作り、映画を監督し、作詞作曲をすることもありますが、そしてどの仕事も好きですが、本業はグラフィックデザイナーだと思っています。昔はイラストレーターが...... [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 09時29分

» 芥川也寸志と武満徹 [試稿錯誤]
                                  武満徹、が死んではや十年過ぎた。 10年前。都内。昼過ぎだったか、階段から地下鉄ホームに降りて何気なく売店に近寄る。夕刊フジの見出しを見てびっくり。武満徹が死んだ!1996年2月10日。 その夜、夕刊に記事が載るわけでもなく、どの局でも追悼番組もやらなかった。 大きな記事にしたのは海外の大手メディアである。 しばらくしてNHKで追悼番組をやった。ホスト、立花隆。立花はこのころ「文学界」(文春発行の月刊誌)に武満徹伝を連... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 18時03分

« 鈴木其一 菖蒲に蛾図 - MIHO MUSEUM | トップページ | IL PENTAMERONE »