« パガニーニ愛用ベルゴンツィ | トップページ | 武満 徹 -見ることは聴くこと- »

2006年5月11日 (木)

鈴木其一 菖蒲に蛾図 - MIHO MUSEUM

Syoubu鈴木其一は、江戸琳派、 酒井抱一の門人で、師の画風を継承しつつも、それを進化させたといわれています。

江戸琳派は、上流階級の豊かな教養や洗練されたセンスと庶民階級の自由で変化に富む闊達さを描いています。

Nezu Institute of Fine Arts(根津美術館)は、平成21年秋まで改装を行っていますが、ここに、鈴木其一の「夏秋渓流花木図屏風」が所蔵されています。この自由自在で闊達な筆の運びが伝わってくる作品。

さて写真は、メアリー・バーク夫人のコレクション。鈴木其一の「菖蒲に蛾図」です。本当に洗練されたセンスがうかがえますよね。

現在、MIHO MUSEUMで開催されていますが、MIHO MUSEUMの周辺も素晴らしいこと!

滋賀県の信楽にあるんですよ。もう、列車に乗ってから美術館に足を踏み入れているのですよ。そんな、美しい環境で、バーク・コレクション楽しめる。二重の鑑賞ができる芸術の旅。

|

« パガニーニ愛用ベルゴンツィ | トップページ | 武満 徹 -見ることは聴くこと- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/1758649

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木其一 菖蒲に蛾図 - MIHO MUSEUM:

» 阿蘭陀婦人図 バーク・コレクション [mari-note]
バーク・コレクションの「阿蘭陀婦人図」は、18世紀の江戸時代のもの。MIHO [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 13時05分

» 狩野松栄 花鳥図 by MIHO MUSEUM [RE+nessance]
これは、松栄の花鳥図だ。国宝とされる障壁画の狩野松栄・永徳父子の松栄である。子の永徳は狩野派の棟梁として、織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え、安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画に筆を揮ったが、戦もろとも崩れ落ち、現存する作品は多くない。 狩野派の重要な画家である松栄だが、遺品が特に少ない。重要文化財「絹本著色益田元祥像」は島根県芸術文化センター建設室蔵され、「紙本金地著色唐人物図」、「紙本金地著色四季花鳥図」は、所有する大本山大徳寺から寄託として、京都国立博物館に所蔵されている。 IM... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 14時52分

» 狩野松栄 花鳥図 by MIHO MUSEUM [RE+nessance]
これは、松栄の花鳥図だ。国宝とされる障壁画の狩野松栄・永徳父子の松栄である。子の永徳は狩野派の棟梁として、織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え、安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画に筆を揮ったが、戦もろとも崩れ落ち、現存する作品は多くない。 狩野派の重要な画家である松栄だが、遺品が特に少ない。重要文化財「絹本著色益田元祥像」は島根県芸術文化センター建設室蔵され、「紙本金地著色唐人物図」、「紙本金地著色四季花鳥図」は、所有する大本山大徳寺から寄託として、京都国立博物館に所蔵されている。 IM... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 14時54分

» 光琳のオマージュ 三十六歌仙図屏風 MIHO MUSEUM [remove]
ややくだけた歌人たち。なんだか男の肩にしなだれているような女性も見受けられる。この池田孤邨「三十六歌仙図屏風」は、酒井抱一の三十六歌仙図屏風(所蔵:ワシントン/フリーア美術館 Freer Gallery of Art)を模写したといわれるが、オマージュとしておこう。この酒井抱一を模写したのが、尾形光琳の「三十六歌仙図」といわれる。三十六歌仙とは、平安時代中期の歌人藤原公任によって選ばれた三十六人の歌道の名人たちだ。 さて、このメアリー・バーク夫人のコレクションである池田孤邨「三十六歌仙図屏風」は、... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 16時12分

» 朝顔 [Qualia]
「朝顔に つるべとられて もらひ水」加賀千代女 朝顔は、どちらかといえばアレンジメントのお花ではなく、野に、庭に咲く花ですね。薔薇や芍薬牡丹に比べて、とてもシンプル。私自身は濃い青が好きです。いまが旬の7月、8月の花であり、種類も多種多様。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 (火) 14時22分

» 鈴木其一 朝顔図屏風 [Maki's Style blog]
qualiaさんから記事の一部をいただきました。なかなかログインができないのでということで。ほしかった其一の大きな画像まで! 彼女の書いた記事のなかからひとつ引用すると! 金地を暁に譬えて  「暁の 紺朝顔や 星一つ」 高浜虚子 鈴木其一 朝顔図屏風 メトロポリタン美術館 もうひとつ引用 「朝顔につるべとられて もらひ水」加賀千代女 関連記事 KAFKA 「菖蒲に蛾図」 とってもかわいい其一の掛け軸...... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 21時14分

« パガニーニ愛用ベルゴンツィ | トップページ | 武満 徹 -見ることは聴くこと- »