« 千虫譜 江戸の博物誌 | トップページ | 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 »

2006年7月26日 (水)

老松孔雀図 若冲名画集 1904年から

A_white_peacock_under_a_pinetree こちらが、「A White Peacock under a Pine-tree」の老松孔雀図です。三の丸尚蔵館の動植綵絵 「花鳥―愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」 で、第5期に展示されますが、若冲のエロティシズムには、孔雀図がよく取り上げられているようです。

若冲の描き方、作風には、シノワズリやアールヌヴォーを感じさせるものもあり、一般的によく紹介されている画風だけではありません。写生画家といわれる若冲にしては、ロマンティシズムを感じさせる老松孔雀図ですが、やはり独特の濃密さ。

極彩色の花鳥画で、「秋暉の孔雀」と呼ばれる岡本秋暉も特異な趣です。「若冲 の鶏」 「光起の鶉」 「狙仙の猿」と並びますが、この四天王は、いずれも「特異な趣」とされています。

エゴン・シーレバルテュスの人物描写のように、普段隠しておきたい裸体や性の特色をリアルに描くごとく、隠しておきたい人間の感情や官能を、動植物に譬えているような「凄み」を「特異な趣」としてみる素人の私でした。

Masterpieces_by_jakuchu さて、こちらが伊藤若冲の動植綵絵の作品集です。田島志一編「Masterpieces by Jakuchu 」といいます。 日本では、『若冲名画集』 (関西写真製版印刷) 明治37年(1904年)10月に出版されました。肉筆画になります。

光琳の「Masterpieces Selected from the Korin School」のほか、北斎なども同様に、編纂しています。

この若冲名画集は、三の丸尚蔵館 動植綵絵であり、リストは英語のタイトルですが、群魚図 <蛸> 、群魚図 <鯛>はどちちらも「Fishes」です。群鶏図は「Cocks and Hens」蓮池遊魚図は、「Lotus-flowers and Plecoglossus altivelis」なんだ~とひとり納得いたしました。

|

« 千虫譜 江戸の博物誌 | トップページ | 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/2715231

この記事へのトラックバック一覧です: 老松孔雀図 若冲名画集 1904年から:

» 若冲 「群魚図 蛸」,「池辺群虫図」,「群魚図 鯛」 [art_nouveau]
群魚図群虫図群魚図 右から「群魚図 蛸」、「池辺群虫図」、「群魚図 鯛」 伊藤若冲のその他所蔵の作品 xai 『奇才 伊藤若冲』  「菜蟲譜さいちゅうふ」 佐野市立吉澤記念美術館 『伊藤若冲 水墨遊』 「象図」 「水墨遊」 xaiさんは、たった18件ほどの記事しかありま... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 19時03分

» 若冲画譜 [Art de Vivre]
{jakuchu_200_01.jpg} 伊藤若冲『若冲畫譜』 美術出版 美乃美 「若冲畫譜」です。「美乃美」の美術出版から限定1200部の貴重なもの。伊藤若冲 筆 花卉天井絵が99図をみることができます。紅梅は、本来の若冲の作風にも生かされていますね。 {unsodo_200.jpg} 伊藤若冲 『<リンク:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4753802175/hatena-22/ref=nosim... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 20時22分

» 『花鳥―愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>』 [Panga]
図録 『動植綵絵―若冲、描写の妙技』 「芍薬群蝶図」 「梅花小禽図」 「雪中鴛鴦図」 「秋塘群雀図」 「向日葵雄鶏図」 「紫陽花双鶏図」 「大鶏雌雄図」 「梅花皓月図」 「老松孔雀図」 「芙蓉双鶏図」 「老松白鶏図」 「老松鸚鵡図」 「芦鵞図」 「南天雄鶏図」 「梅花群鶴図」 「棕櫚雄鶏図」 「蓮池遊魚図」 「桃花小禽図」 「雪中錦鶏図」 「群鶏図」 「薔薇小禽図」 「牡丹小禽図」 「池辺群虫図」 「貝甲図」 「老松白鳳図」 「芦雁図」 「群魚図 蛸」 「群魚図 鯛」 「菊花流... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 20時41分

» 伊藤 若冲 花鳥版画 [Magnum Photos Photographer ]
一部だけみると、若冲の奇妙さが薄れる。僕にとっては、ちょっとタイプじゃぁないんです。 そんな中で、XAIの「水墨遊」や、aleiの「まろ茶パッケージ」をみると、ほかにどんな作品があるんだろうと興味がわく。 さきほど仲間のblogに足を運ぶと、さっそくふ~が、...... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 22時36分

» 古本屋の若冲 [Magnum masse]
伊藤若冲の鶏図が、海外でも見られる。しかし僕が持っている1960年初めに出版されたアメリカの美術書全集には、若冲は1点も掲載されていない。なぜだろう。 審美書院などから出版されている海外むけの書籍に、「若冲」もある。「北斎」もある。「光琳」もある。だが、僕の持っているアメリカの美術全集12巻のうちの「JAPAN」には、なかった。 その後、海外に行く機会が増え、アンティークショップなどで古書のバラ売りのペーパープリント(本が解体され、バラバラのページ)を買う。真剣にみてはいけない。店主が貴... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 00時42分

» 伊藤若冲 水墨遊 [XAI]
僕さ、若冲の作品には「好き嫌い」が激しい。食用に鶏って絞め殺すのがヨーロッパで、日本は、首を鎌で刎ねるらしい。あぁ〜恐ろしい。それでもしばらくは、首なしのまま、元気に走りまわるらしいが、若冲ったらさ、その首なし鶏と横たわった樽を水墨画で描いているんだよ。... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 01時04分

» 「花鳥-愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」 [BLUE MOON]
「老松孔雀図」「芙蓉双鶏図」「紅葉小禽図」「薔薇小禽図」「群魚図(鯛)」「群魚図 [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 10時06分

« 千虫譜 江戸の博物誌 | トップページ | 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 »