« ラ・ジャポネーズ La Japonaise | トップページ | 杉浦非水 »

2006年7月 7日 (金)

七夕とジョン・グールドのカササギ

Piebavarde © JOHN GOULD

薔薇はルドゥーテなら鳥はジョン・グールド。

19世紀の画家・鳥類学者JOHN GOULD (1804 - 1881) の「かささぎ」です。
今日は七夕。織姫と牽牛が一年に一度だけ会える日です。

この日に雨が振れば、天の川をわたることができない。「かささぎ」が、その雨の日に橋となってくれるらしい。

なんとも愛らしい「かささぎ」です。 Piebavarde © JOHN GOULD
笹、短冊、天の川。そして「かささぎ」も風物詩なんですね。
そして七夕に、白峯神社や金毘羅さまでの蹴鞠奉納も行事のひとつ。

七夕関連記事
白峯神社 七夕と蹴鞠奉納/宋代 淑女図蹴鞠/根付師 岡友「蹴鞠」
ベガとアルタイル/七にちなんで ナナの誕生 ドミ・モンド



ジョン・グールド鳥類図譜総覧

黒田清子さんとなられた紀宮さま。「ジョン・グールドの鳥類図譜総覧」は紀宮清子さまの時に出版されました。

「鳥類」が正直苦手なkafkaを魅了する、ジョン・グールド。

清子さまのご結婚以前に勤務されてらした山階鳥類研究所。
長年のご研究成果をまとめたものがこちらなのですよ。

|

« ラ・ジャポネーズ La Japonaise | トップページ | 杉浦非水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/2540219

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕とジョン・グールドのカササギ:

« ラ・ジャポネーズ La Japonaise | トップページ | 杉浦非水 »