« 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 | トップページ | 墨絵の詩人 緒方俊平氏 »

2006年7月30日 (日)

ベーリックホール

Maetani_01_1ジェイ・ヒル・モーガン(Jay Hill Morgan)の設計によるベーリックホール。西洋館を花と器で装飾するイベントが毎年ありますが、フラワーアーティストとチャイナのブランドが1週間だけ、西洋館を彩ります。

重厚な趣に、透明なグラスに白い薔薇とグリーン。前谷裕一氏のテーマ「 Noble&Relaxing  (6月の花嫁GraceWedding)」が、楚々とした清々しさで表現されていました。

いちばん安定したコーディネートでしたが、メイン以外では、平面的な器のディスプレイで、グリーンのクロスとアビラントのシノワズリ風のチャイナが寂しげ。

Berrickhall_win

会場となった山手西洋館の各邸宅は、どちらもアンバランスな印象です。コーナー、コーナーは面白いのですが、トータルにみるとどこかの生花の展示会場みたいで、花と器、そして室内とのバランスに魅力なし。残念。


室内の置き家具も、当時のものと思われるものが少なく、いきなりアメリカンカントリーだったりするわけですよ。

Berrickここベーリックホールは南欧風の建築で、アールヌヴォー調の意匠をこらした階段やアールデコの装飾も目を惹きますが、観葉植物やファブリックの扱い方に不満。

こちらの写真は普段のベーリックホールですが、テーブルの小物の配置は、どこかの喫茶のようです。多彩な建築装飾がほどこされた邸宅ですが、庭の木々の選び方や植え方から、小物や置き家具の配置など、いまいちピンとこない。

さらに、こども部屋の演出方法にはがっかりです。また寝室に、クッションなどの小物の装飾性が活かされていません。海外ではベッドルームに必ずといっていいほど、色彩を活かしたクッションがあるのに。

でも、こんな家に住んでみたいなぁと思った私です。

|

« 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 | トップページ | 墨絵の詩人 緒方俊平氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/2855951

この記事へのトラックバック一覧です: ベーリックホール:

« 絵手鑑の内蓮池に蛙図-蓮と睡蓮 | トップページ | 墨絵の詩人 緒方俊平氏 »