« 七夕とジョン・グールドのカササギ | トップページ | ミュシャ Collection Illust »

2006年7月 9日 (日)

杉浦非水

山葡萄日本のアールヌーヴォーの時代に活躍した杉浦非水(1876 - 1965 本名 朝武・つとむ)の作品で、1922年の「山葡萄」だったと思います。東京国立近代美術館所蔵のはずなんですが、いまは検索できない状態です。神坂雪佳(慶応2~ 昭和17/1866~1942)も同時期に活躍していますね。パリ万博は、渡仏した洋画家の浅井忠をはじめ、藤島武二、板谷波山、橋口五葉、武田五一、藤井達吉らに、そして杉浦非水も、大きな衝撃と影響を受けて、作品にその様式を取り入れていきます。


画家、図案家、工芸家、建築家たちの技巧を重視した「職人主義」から、「創作性」というものへの表現に取り組むようになります。


モーヴフラワー 杉浦非水の作品に 「中学世界 絵葉書 博文館」と記された、 1906年の明治時代の作品とありました。モーヴフラワーというらしいです。三越のポスター、絵葉書にも、このような女性の図柄がいくつかあります。「美人画」となるのでしょうか。モーヴは、薄い灰色・青みを帯びた紫です。英国の Perkin によって 1856年に最初の塩基性染料の Mauve が 発明されたのです。


いわゆる合成染料のこと。アンティーク調の色彩は、服飾のほかに化粧品の色としても用いられています。とても好きな色なのですが、年齢とともに「くすみ」が強調されやすい、たいへん微妙で憧れの色ですね。

さてこの作品は、 ミュシャ風の女性の表情もさることながら、ヨーロッパの「色」も強調されているのです。


蓮こちらの図案は、以前の記事「花 蝶 図案集」で、『非水百花譜』20集を紹介した、その中のひとつ「蓮」です。

先の「山葡萄」も非水百花譜に収められている作品です。

日本的な姿をしながら、西洋の図柄に負けない堂々と描かれています。



Autumnal_branches模倣ではない日本独自という日本のアールヌーヴォーです。

私個人の感じることは、「創作性」ではなく、「意外性」へと発展してしまったのではと。私個人の感じることとは、芸術という専門家ではない素人個人の感覚ですからね。つまり、芸術という領域では、観る側の大衆のなかの一人だということで。そのなかで、非水は、巧く使いわけをこなしている。


非水の作品は、すべてアールヌーヴォー調ではありません。
装丁本、地下鉄や百貨店、たばこのポスターやラベル、美人画のほか、非水独自の作風である「秋の川」、「遊泳」のポストカード、社会や政治背景が見えるポストカードなど、作風もさまざまです。大正時代にはアール・デコへと作風は変化していきます。図案集には、ブック・レトロスタイル 1~3巻もあり、皆さんの好きな1枚が必ずあると思います。

>手炙りの灰を片付けていた時に
なんと風情のある。
JUGEM BLOG 「MY FIRST JUGEM」さんの「骨董品」の記事から引用させていただきました。
なんと、杉浦非水デザインの昭和7年~昭和20年頃に販売されていた煙草が、「手炙りの灰を片付けていた時に」、顔をだしたそうなんです。写真が掲載されています。

|

« 七夕とジョン・グールドのカササギ | トップページ | ミュシャ Collection Illust »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/2564215

この記事へのトラックバック一覧です: 杉浦非水:

» 杉浦非水 ゼツェッション [RE+nessance]
三越では着物柄まで着手した杉浦非水。彼のデザインはへぇーと思うものもあれば、日露戦争後の政治背景色のつよい作品には、ちょっとと距離を保ちたくなる。 僕の性質を理解していただいていると思うが、芸術家において「好きな作品」として鑑賞するので、芸術家自身(作家、画家等)への陶酔がない。(藤田嗣治は別。彼は好き) アール・ヌーヴォーの寵児とも言われる非水。この日本のアール・ヌーヴォーといわれる時代には、浅井忠や神坂雪佳も存在し、非水と同時代の芸術家たちになる。 浅井と神坂は、パリ万博にもで... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 22時34分

» 杉浦非水 ポストカード [remove]
大正期の文壇には芥川龍之介、有島武郎・武者小路実篤・志賀直哉ら白樺派、中里介山、菊池寛らが活躍し、演劇では小山内薫らが活躍する。 神戸市東灘区・灘区・芦屋市・宝塚市・西宮市・伊丹市を中心に阪神間モダニズムは、近代的な芸術文化・生活様式の発祥で、高級邸宅を中心に発展する。兵庫県立近代美術館、フランク・ロイド・ライト設計の山邑太左衛門邸(ヨドコウ迎賓館)、谷崎潤一郎の邸宅や旧居、仏教の大谷光瑞伯爵邸、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の校舎が建設され、小磯良平や手塚治、朝比奈隆に湯川秀樹まで、芸術... [続きを読む]

受信: 2006年7月 9日 (日) 22時35分

» 杉浦非水 レトロスタイル [Stylish-Club]
      1935年「非水自伝六十年」に、「図案に進出しよう」という杉浦非水 [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 00時41分

» 杉浦非水 -明治のハイカラ 大正ロマン [Remove]
杉浦非水は、まったくもってグラフィックデザイナーである。だが、この美人画を描観るだけだと、当時(明治・大正)の時代では竹下夢二あたりのロマン的な雰囲気が漂い、あとに続く蕗谷虹児、中原淳一までも思い浮かべるのかもしれないが、非水はちょっと違うのだ。アール...... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 08時07分

» 骨董品?! [My First JUGEM!]
少し前の話ですが、手炙りの灰を片付けていた時にこんなモノが出てきました。 大蔵省専売局製の紙巻き煙草『響』。調べてみると、昭和7年〜昭和20年頃に販売されていた煙草のようです。デザインはナント杉浦非水!このリンク先の中央少し下寄りの左側写真にちっちゃくパッケージ写真が載ってます。ゼツェッション好きにはタマラン!ってもそんなに色濃い訳じゃないけど(笑) この記事、わかりやすくて面白いです↓ *KAFKA: 杉浦非水 *RE+nessance | 杉浦非水 と、ついでに。 手炙り... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 01時24分

« 七夕とジョン・グールドのカササギ | トップページ | ミュシャ Collection Illust »