« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月20日 (日)

ゴッホ ゴッホの四季草花道

Van_goghs_piony_rose1890年の「花瓶の薔薇」です。ゴッホの花瓶に活けた芍薬の絵は、←こちらをご覧ください。またこの絵は大きな画像を用意しています。画像をクリックしてね。→

私のブログを覘いてくださる皆さんのテーブルにも飾られているような花瓶の薔薇。

これから家を出て、庭を巡って、近くの散歩道を歩きながら、ゴッホの風景を探してみませんか。

Mand_met_viooltjes_op_een_tafel 私のもっとも好きなゴッホの草花画です。このゴッホの三色菫(1886年)をみるたびに、単身赴任で転勤した頃を思い出します。

母からの手紙は「質素に清清しく生活を」という言葉と、自宅の庭に咲いた三色菫の写真を送ってくました。

あれから10年経ち、いまは地元の二世帯に戻っていますが、毎年、庭に咲く「三色菫」は、いまだに母の手によるものです。

Amandelbloesemゴッホが亡くなった1890年に描かれた「アーモンドの花」です。ゴッホの情熱的なカラーではなく、まるでモネの睡蓮や雪佳の図案を思わせるよう。

ゴッホの糸杉シリーズ、星月夜、ジャポニズムよりも、ずっと関心があります。

ピカソやゴーギャンのように、独特の絵柄をもつ人が、その気配をすっと絶って描いているからです。そして、気配を絶って描くことができたのは、ゴッホだけではないかと思うのです。

Blossoming_chestnut_branches すずらんです。こちらも1890年。

1890年5月、パリ近郊の芸術家村オーヴェール=シュル=オワーズに移り住み、とてもその環境を喜んでいたゴッホ。この2ヵ月後の7月27日、ゴッホはピストルで胸をうち、29日に息をひきとったのです。

Roses

1889年作の「野薔薇」は東京の国立西洋美術館で拝見できたような。(記憶が定かではありません。)こういう場所を歩いてみたいですね。しかも自宅から続く道のり(通勤や通学の道)にほしい。

実は、近くの神社と小学校があるすぐの公園が、こんな感じです。野薔薇ではなく、夏の紫陽花。ですが、私の通勤は、反対側の地下鉄を利用するのです。この公園、自宅からは歩いて5分の場所です。

Gogh_pink_roses 1890年の「ピンクの薔薇」です。

スティールのような楕円形のプランターに植え込まれたピンクの薔薇。

運命の死が目前に迫っているゴッホは、この時期に自然の息吹をキャンバスに納めています。

いままでは通り過ぎていた花や草、木々が、40代半ばになると、コンクリートの隙間の葉にまで、心惹かれるようになりました。

Gogh_rose_whiteさぁ、我が家に帰ってきました。

夕日が沈む手前です。出かけたときの「花瓶の薔薇」が憂いを帯びたような美しさに変わっています。

スティルライフ。

まさに生の美が、枯れようとしている一歩手前の美しさ。生あるものは、すべて腐敗していくのです。その腐敗を前に、まだ生きている。

さて、ゴッホの芍薬や薔薇、菫より、ひまわりが何故いいのでしょう。情熱的、男性的だからでしょうか。あの壷の中のひまわりが何枚も描かれて、三幅対になる原則を最近になって知りました。ちなみに「タンギー爺さん」の背景にある浮世絵が異なる、その2枚の絵があることも。ゴッホの関連記事はこちら

Viooltjes

ゴッホ 三色菫(1887年) 
ファン・ゴッホ美術館

Amandelbloesem, 1890

ゴッホ アーモンドの花(1890年) 
ファン・ゴッホ美術館

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月12日 (土)

迎え盆

迎え火飾りです。初物やお野菜をたくさんのせる地域もあるそうですが、我が家はほおずきのみです。明日十三日は迎え盆、十六日は送り盆。今日の午前中に精霊馬や迎え火つくりをするために、庭からきゅうりやなすびを取ってきたり、お花屋さんへ頼んでいた蓮の葉とほおずきを受け取りに行ったり、忙しい半日でした。しばらく白神山地に遊びに行っていたので、ここ2日ばかり家事に追われている私。

買い物へ行く前に、リビングの電球も買ってこなくちゃなんて、私は出不精なもんですから、家中チェックして出かけます。

さて、お盆の準備もすんで、電球を取り替えようとしましたら、あれ、もう一個もきれちゃってるなぁと思いながら、この際、シェードもきれいにしようと、6コのガラスのシェードをくるくる回しながらはずして、キッチンで洗ったら、目が覚めるほどに真っ白。

6月の末にも大掃除したばかりなんだけどな。シェードが真っ白になったら、今度はレースのカーテンが気になりだしました。かれこれ2時間もレースと睨めっこで、まだ踏ん切りがつきません。大変なんですよね。カーテンのお洗濯って。明日は朝早くにお墓参りですし・・・、6月の末に洗ったんだから1ヶ月ちょっとだし・・・なんて。いろいろ理由をつけて、先延ばしをしようとしている私です・・・。

後日談:「ベーキングソーダー ちょっとLOHASに」で、レースのカーテンのその後を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

酒井抱一のボタニカルアート

酒井抱一 木版画

酒井抱一 図案画  酒井抱一 図案画

酒井抱一 図案画  酒井抱一 図案画

四季の花(木版画・大正3年刊)の新装版、四季の花 (上巻) / 四季の花 (下巻)は、酒井抱一、鈴木其一、中野其明により描かれた草花図。絵画としてみるだけではなく、博物誌として見ることができるのが特徴です。詳細はこちらより 上巻(春夏編)下巻(秋冬編)拝見できますよ。

上の四図は、抱一の木版画です。おなじ図柄が「四季の花」に掲載されている可能性がありそう。左上から、マグノリア、柿(どんぐりも描かれてますね)、左下は百合、そして蓮です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 5日 (土)

墨絵の詩人 緒方俊平氏

Dog1

本が読めるお子様、本が好きな学生の皆さん、そしてお母様たちへ

川に一番近いところでやけていた
子供のキョウチクトウが、
「おかあさん・・・おかぁさん・・・」
とさけんで気をうしなったの。
あの犬が足をとめてふりかえったわ。


この先は、「夾竹桃(キョウチクトウ)物語 わすれていてごめんね」を読んでみてね。ご存知かと思いますが、弁護士で墨絵の詩人と謳われる緒方俊平さんの作品です。

原爆で命を絶たれた動植物を描いた絵本「夾竹桃(きょうちくとう)物語 わすれていてごめんね」を題材とした絵画と読書感想文、書道のコンクールが毎年開かれているんですね。6月が締め切りで、8月に表彰と展示があるんです。

物語は、平和記念公園にあるキョウチクトウが、被爆して炎に包まれた時、傷ついた動物たちが、命をなげうって火を消し止めてくれた、とハトやカラスに語る。

1945年8月6日は広島に、9日は長崎に原爆が投下されました。15日は終戦記念日です。人も動物も植物も、何が起こったのかわからないまま一瞬にして息絶えた。また生きながら焼けて死にいく人々。生きながら死ぬような生涯を送らなければならなかった人。

原爆に関しては、いろいろな卓見もあり、関連する作品(漫画、文学、映画、歌、絵画)に関しても、さまざまな批評があります。でも「はだしのゲン」、「原爆の子」、「二十四の瞳」、「鏡の女たち」・・・もっともっとあるんですが、偏見をもたずに読むことをおすすめします。

さて、緒方俊平さんはスモン病などにも取り組んで、その傍ら童話にも、その意志を描き続けている方です。広島、長崎の原爆の「夾竹桃(キョウチクトウ)物語 わすれていてごめんね」の一場面が、この振り返る犬。この絵本の売り上げは動植物の慰霊碑建立費用の一部にもなっています。

夾竹桃物語事務局墨絵の詩人-緒方俊平

| | コメント (0) | トラックバック (11)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »