« サハリンのお伽噺 | トップページ | 現代美術館 by ルイ・ヴィトン »

2006年10月15日 (日)

マイセン メーリアンの花

Maria_sybilla_merian__neues_blumenbuch_0マイセンの「FFブルーメ 最上級の花絵(ブルーメマーレライ)」といわれ、たとえば「メーリアンの花絵」といわれる女性博物学者マリア・ジビーラ・メーリアンの銅版画をモチーフに、限られたぺインターが描いた陶磁器絵を指します。

マリア・ジビーラ・メーリアンは、多くの博物誌を残していますが、古書は数百万という値打ちもの。(antiquariaatjunkaudubongalleries

ですが、1990年代に出版されたお手ごろな洋書、ポスターなどからも、メーリアンの花と昆虫をみることができます。

新記事 マリア・ジビーラ・メーリアン 博物誌


マリア・ジビーラ・メーリアンは、スリラム(南米)の昆虫を観察記録していますが、その昆虫は、花や果実と一体になって描かれています。蝶、蛾、芋虫、蛇、蜘蛛などのほか、野鳥や小動物が主役。それがMetamorphosis insectorum surinamensiumシリーズです。18世紀の三大蝶譜とは、このメーリアン『スリナム産昆虫の変態』(1728年)、エーレト『花蝶珍種図録』(1748‐62年)、英国のハリス『オーレリアン』(1778年)を指しています。


Metamorphosis insectorum surinamensium Poster
「スリナム産昆虫変態の図譜」
Metamorphosis_insectorum_ surinamensicum by Maria Sybilla Merian
左上から右に 左下から右に
Dezember-April (12月から4月)
Maerz-Juni(3月から6月)
Juni-Januar(6月から1月)
Mai-August(5月から8月)

興味のある方は、下記から画像をみることができます。
Metamorphasibus Insectorum Surinamensium
↓少し高価な書籍です。
Metamorphosis Insectorum Surinamensium
Maria Sibylla Merian (革装本 - 1983/12) 

Der rupsen begin, voedzel en wonderbaare verandering, 1713-1717

Maria Sibylla Merian, Der rupsen begin, voedzel en wonderbaare verandering, 1713-1717
l

マリア・ジビーラ・メーリアンに関する書籍ですが、アマゾンからも購入できます。「Ein Schmetterling aus Surinam.Die Kindheit der Maria Sibylla Merian」 by Ingrid Moeller (著) 、「Seidenraupe, Dschungelbluete. Die Lebensgeschichte der Maria Sibylla Merian.」 by Charlotte Kerner (著)などがあります。ここでは、女性の皆様がギョッとするような図譜は避けています。(笑)

Maria_sibylla_merian_book
左から Neues Blumenbuch. (Perfect)
Neues Blumenbuch (ハードカバー)
Das Insektenbuch. Metamorphosis insectorum Surinamensium
Das Insektenbuch. Metamorphosis insectorum Surinamensium.

377570751401_scmzzzzzzz_09

Maria Sibylla Merian, 1647-1717: Artist and Naturalist (ハードカバー)
Maria Sibylla Merian (著), Kurt Wettengl (著, 編集),
Historisches Museum Frankfurt Am Main (Corporate Author)

Maria_s_merian

左から Maria Sibylla Merian: New Book of Flowers
(Art & Design) Thomas Burger著(ハードカバー - 1999/6)
中央 New Book of Flowers/Neues Blumenbuch
(Art & Design) Sibylla Merian Maria (ハードカバー - 1999/8/5)
右 Maria Sibylla Merian: The St. Petersburg Watercolours
(ハードカバー) Eckhard Hollmann (編集)

380312484001_scmzzzzzzz_

Metamorphosen. Das Leben der Maria Sibylla Merian.
Natalie Zemon Davis (Perfect - 2003/10)
Die Blumenkoenigin. Ein Maria Sibylla Merian-Roman
Inez van Dullemen (Perfect - 2003/1)
Die Falterfrau. Maria Sibylla Merian. Grossdruck.
Biographischer Roman Utta Keppler (Perfect - 2005/4)
Maria Sibylla Merian.
Die St. Petersburger Aquarelle (ハードカバー - 2003/9)
Das kleine Buch der Tropenwunder Maria Sibylla Merian

メーリアンの書籍は、表紙がおなじであっても、タイトルをよく理解していませんと、内容に違いがでてきます。


彼女は、Neues Blumenbuch. Volume 1. 1675年、Neues Blumenbuch. Volume 2. 1677年、Neues Blumenbuch. Volume 3. 1677年、Der Raupen wunderbare Verwandlung und sonderbare Blumennahrung. 1679年、Metamorphosis insectorum Surinamensium. 1705 年と発表していますが、一番最初にポスターで紹介いたしましたのが、1705年のスリナムの花と生物。この作品の書籍は、必ず「Metamorphosis insectorum Surinamensium」のタイトルです。あまり昆虫が目立たない作品が多いのは、「Neues Blumenbuch」です。


その違いがわかるサイトがあります。Maria Sibylla Merian1647-1717 のテキストに、それぞれリンクされています。

Maria Sibylla Merian1647-1717 より
"Neues Blumenbuch" 21種類ありました。  タイトル
"Metamorphosis insectorum Surinamensium" 65種類ほど  タイトル
"Der Raupen wunderbare Verwandlung und sonderbare Blumennahrung" 14種類  タイトル


Merian__us_postage_stampさて、このメーリアンの切手は、U.S. post  で発行されました。そういえば、酒井抱一の切手も今月の3日でしたか?シンガポールの花といっしょに発行されましたね。8月にBuleMoonさんが、記事にしていました。日本の切手 Stamp of Japan で、その抱一の切手と屏風のディティールが見比べられ、2種類の四季花鳥図屏風はnaoさんの記事でアップされています。ケースつきの切手の全体像はこちら

Malerei_merian スリナムの図譜 Richter-porzellanメーリアンの花は、マイセンだけではなく、 ベルリンK.P.Mなどの窯でも、ひろく使用されています。リヒターポーセレンも、ドイツ・ヘキスト社メーリアンのシリーズがありました。マイセンでは、メーリアンのほか、マルコニーニの花も歴代図案ですが、とてもわかりやすい図案です。マルコニーニの時代は、1774-1814年であったので、1675年以降から1774年あたりまでは、メーリアンの花が頻繁に使用されたのではないでしょうか。

Meien_1750_Blumemalerei(Blumenmaler)

こちらは、マイセン 1750年のブルーメマーレライです。マルコリーニ期(1775~1814)以前のものです。

メーリアンの花では、手描きした花瓶などもあります。たいてい、おもてはブーケで、うらにスリナム産昆が描かれています。ティー、モカ、コーヒーカップなども、面とウラは、花瓶同様です。

このブルーメマーレライのプレートは、とても可憐です。ここには蝶が描かれていないのが残念です。

いわゆるボタニカルの図譜は、ヨハン・フリードリヒ・エーバーラインも手がけていました。「ブリュール (ッ)シェ・アラライ」というシリーズです。こちらからご覧くださいな。

Vase_sm_meissen_malerei_mit_wicken_und_s最後ですが、こちらがマリア・ジビーラ・メーリアンのマイセンです。とってもいきいきと描かれています。

マイセンのメーリアンの作品は、会員だけのオークションか、美術館です。また、マイセンの限定品がありますが、50、100の単位です。(世界で)

この図柄は、ウィッカと蝶です。ウィッカってとてもきれいな花なのですが、ハーブなんですね。つまり、古くから民俗療法として用いられてきたのですが、魔女の呼び名でもありましたよね。Wiccaです。

|

« サハリンのお伽噺 | トップページ | 現代美術館 by ルイ・ヴィトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/3801846

この記事へのトラックバック一覧です: マイセン メーリアンの花:

» マイセンの花 ヨハン・フリードリヒ・エーバーライン [Art de Vivre]
マイセンの型師ヨハン・フリードリヒ・エーバーラインは、「ブリュール (ッ)シェ・アラライ」という様式を手がけていたようです。そこに描かれた花が、ボタニカルアートにも見えます。プレートの型は、レースが3箇所に縁取られているタイプのプレートで、下の絵柄は、マイセンのキャビネットプレートタイプに描かれています。 ヨハン・フリードリヒ・エーバーラインの「ブリュール (ッ)シェ・アラライ」の�... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 18時39分

» コバルトブルーのアールデコ by マイセン [RE+nessance]
マイセンをコレクションとしている知人が多い。どこにそういう使えるお金があるのだろうと思いつつ、時々、もう長くないから(決してそんなことありません)、好きなものを1点だけ持っていきなさいという方もいらっしゃる。困ってしまうのは、小さいからといって、決して価値が低いわけではないから。 なるべく、その方が初期に集められたコレクションを頂戴するようにしているが、相手の顔色を常に伺わなければならないので、多少、マイセンについて勉強をした時期がある。最近では、「僕につり合いのとれそうなものを選んでいただけ... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 18時41分

» 色バトン ピンクのマイセンクオリティ [Life Style Concierge]
XAIからの色バトンで「ピンク」に譬えてもらいました。ありがと!そのピンクにちなみ、このテート・ア・テートでバトン。 ローズピンクのこのうえもない可愛らしさ。 さて、色バトンの質問に答えていきますね。好きな色は?→「ローズピンク」、嫌いな色は?→「黄色」、携帯の色は何色?→「白」、あなたの心の色は何色ですか?→「透明」、回してくれた人の心の色は?→「白」です。 ローズカラーのピンク・ポーセリンシリーズといえば、1835年創業のチェコの伝統工芸ボヘミア磁器ブランド「ショドフ」が有名で... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 18時42分

» マイセン 錬金術師ベットガー [Blue-Tiger-Eye]
1710年作のティーポットは、マイセンのベッドガーによるものだ。ベットガー碑器といわれるものだ。ヤスピス磁器に、バロックやゴシック模様、花やシンボルなど様々な装飾を施す。これは、Iparmuveszeti Muzeum 所蔵である。 アウグスト強王は東洋磁器を珍重し、中国陶器の...... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 23時22分

» マイセン 「ドレス」 by ラガーフェルド&イェルク・ダニエルチックのフィギュア [Life Carrer Counseling]
Figure "Das Kleid", Meissen 1999. "Das Kleid"とは、カール・ラガーフェルドの「そのドレス」。スパンコールはドレスを流れるように、裾へとこぼれていきます。 マイセンの硬質の白磁器は、女性のボディをつつむドレスのラインを強調し、まるでオートクチュールにた....... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 09時44分

« サハリンのお伽噺 | トップページ | 現代美術館 by ルイ・ヴィトン »