« リヒテンシュタイン美術館 | トップページ | エッシャー カライドサイクル »

2006年11月11日 (土)

お伽の晩餐 ノーベル・ウィーク

青の間 Nobel2001 ストックホルムの市庁舎は、ノーベル賞晩餐会(ノーベルバンケット)が行われるところです。スウェーデン国王が直々に賞を手渡したあと、晩餐会と舞踏会がはじまります。(nobelprize.org)

「青の間」(Blauwe Hal)で、午後7時ちょうどに始まる晩餐会。200人ものサーバーたちが列をなし、階段から降りてくる隙のないサーヴィス。順に前菜、主菜、デザート、シャンパン、デザートワインなどを運ぶその作法は華麗。

ノーベル・ディナーといって、毎年の晩餐会のメニューと同じものを、同じディナーセットで食事をすることができます。

ご存知のように、ディナーの食器は、カーリン・ビョールクウィストがデザインの、ローストランド社の「ノーベル」というシリーズ。Gripsholmと呼ばれる王冠を模したパターンはグスタフ3世が晩餐会用にオーダーして以来使用されてきましたが、1971年に製造が中止となっています。そしてクラスボルス織物工場のテーブルクロスとリネン類。カトラリーはゲンセを使用。1991年、ノーベル賞90周年を記念して晩餐会に使用されたカトラリーが、日本の燕市にある山崎金属工業です。グラス類はオレフォルス。

詳しいテーブルウェアはこちらから。

金の間正式なノーベルバンケット(ノーベル賞晩餐会)のシーンです。一斉にはじまるすばらしい給仕のパフォーマンス、正装とプロコトルによる、北欧の食事、知的な会話、そして「金の間」では、1900万の金箔モザイクガラスが輝くなかで舞踏会です。写真は実際のノーベルバンケット。(nobelprize.org)

ノーベル・バンケットのプロトコル、テーブルセッティングはこちら

この晩餐会でかかせないのが、「花」です。すべてが「花」によって装飾されているのです。それは、ノーベルが亡くなった、サンレモに所以します。毎年、この12月10日の晩餐会には、豪華でたくさんの花がイタリアから届けられます。その花を、ここ数年手がけているフローリストが、グンナール・カイ。そして、昨年はヘレン・マグヌセンも装飾に加わりました。

ノーベルバンケットのフラワーアレンジはこちら

さて、ノーベル賞受賞の招待客についてですが、未来を担う学生たちも200人ほど、抽選で晩餐会へ出席します。(日本人の学生もいます。) ノーベルバンケット・ゲストは王族、首相を始めとするその閣僚、市庁舎関係者、受賞者は16人まで招待客を連れてくることが可能です。その他の招待客は、スウェーデン国内外の文化と学術関係者となります。そしてノーベルの子孫たち。ノーベル家は、毎年招待されます。

バンケット ウェイター受賞者のノーベル・ウィークは、12月7日からはじまります。まず講演会。翌日は、CNNショー、記者会見があります。そして授与式のリハーサル。受賞者には、ノーベル・デスクといって、外務省から受賞者専用のノーベル随行員が派遣され、忙しい合間を、ノーベル・パートナーが秘書のように接してくれます。

さて、本番のストックホルム・コンサートホールでの授与式。受賞者は、スペシャルバスで、国王一家はリムジンで到着します。こうして「The penguin mountain」とよばれる授与式のシーンがはじまります。そうして23時まで、晩餐会、舞踏会がはじまるのです。晩餐会では、選り抜きのシェフ、さまざまなアーティスト、舞台準備のデザイナーたちなど、多彩な人々によって、お祝いが繰り広げられます。

ノーベル・バンケット& フェスティバルはこちら。
2006年 ノーベル賞 メダルと受賞者はこちら。

毎年12月10日(ノーベルの命日)に開かれるノーベル賞受賞祝賀晩餐会。楽しみです。

|

« リヒテンシュタイン美術館 | トップページ | エッシャー カライドサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4110629

この記事へのトラックバック一覧です: お伽の晩餐 ノーベル・ウィーク:

» ノーベルバンケット ディナーウェア [remove]
僕は、スウェーデンのデザインは、割と好きだ。ケトルは楓に、カトラリーは Sai に教えてもらったがのが、GENSE(ゲンセ)。 僕は1900年代前半から活躍していた、シーモン・ゲートやエドワード・ハルドのガラス工芸が、シンプルで注目していた。エドワード・ハルドの作品で、「魚」の絵のベースがあるけど、あれはジャポニズムなのか。タイトル「Fiskgraal」 (fish graal) というベースは、底が淡いグリーンと透明なガラスのコントラストの中に、そよそよ魚が泳いでいる。かわいいんだ。それが、... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 01時06分

» ノーベル晩餐会 フェスティバルのクリエーター達 [Die Verwandlung]
「Nobel-Singers」 Photo:2005年 ロイター/Jonas Ekstromer 今年もノーベル晩餐会が12月10日に行われる。 授賞式からはじまって、午後7時からはじまる晩餐会。3時間ほどの晩餐では、エンターティメントが、...... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 01時08分

» ノーベル賞晩餐会 プロトコル [Noblesse Oblige]
1998年 ノーベル賞晩餐会 nobelprize.org 12月10日は、いよいよノーベル賞晩餐会が開かれます。スウェーデンのロイヤルファミリーが勢ぞろいし、各国のマナー(プロトコル)やスピーチ、ダンスなど、受賞者が忙しくなる季節でもある11月。ノーベル財団では、受賞者...... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 01時15分

« リヒテンシュタイン美術館 | トップページ | エッシャー カライドサイクル »