« ワイン マリー・アントワネット | トップページ | リヒテンシュタイン美術館 »

2006年11月 1日 (水)

ルドゥーテのロサ・センティフォリア

ロサ・センティフォリア(ケンティフォーリア)は、かわいいキャベツ状の多重の花びら。前3000年ごろからエーゲ海に咲き誇っていたらしいですね。 フランス語で「100枚の花びら」といいます。

エリザベト・ヴィジェ・ルブラン(Elisabeth Vigee-Lebrun)の描いた「薔薇を持つサテンドレスのマリー・アントワネット」(Marie Antoinette - 1779)のディティール資生堂は、肖像画 王妃マリー・アントワネットがの薔薇「ロサ・センティフォリア」を、素晴らしい香水瓶に収めました。「ローズロワイヤル」です。

マーリー・アントワネット亡き後、政権についたナポレオンの后妃ジョセフィーヌは、花のラファエロと呼ばれたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテに、多くの薔薇を描かせました。

ルドェーテだけではなく、ボタニカルアートの傑作は数多く、このロサ・センティフォリア(ケンティフォーリア)系統が、たくさん描かれています。

この野生のオールドローズは、Cabbage Rose、Provence Rose、Hundred-Petalled Rose、Rosa gallica centifolia とたくさんの別名を持っています。ロサ・センティフォリア(ケンティフォーリア)の系統も、最初のモス・ローズと言われるムスコーサ、ローズ・ド・モーの別名を持つポンポニアがあります。

この、ロサ・センティフォリア(ケンティフォーリア)の系統の、いくつかの薔薇と、ボタニカルアートの薔薇を見比べてみてくださいな。

Rosa_centifolia

薔薇の名前、下はボタニカルアートの出典ですが、ルドゥーテを中心(ルドゥーテ以外のボタニカルアートは、画像に表示)にしています。上から順に、ロサ・センティフォリア(ケンティフォーリア)といわれるロサ・センティフォリア系統ですが、右側のルドゥーテは、 「foliacea」とあるはずですが、一般的に、 ロサ・センティフォリア系統として紹介されています。二段目は、蕾を包むガクや花托に細かい毛が生え、苔をさす意味からモス・ローズと呼ばれている、ロサ・センティフォリア・ムスコーサです。三段目は、ロサ・センティフォリア・ブラータです。ブラータは「膨れた」という意味で、改良した変種です。特徴は葉が巻いたような形になることですね。四段目がロサ・センティフォリア メージャーといいますが、これは、友人が海外で育てたものです。

エリザベト・ヴィジェ・ルブランの描いた「薔薇を持つサテンドレスのマリー・アントワネット」(1779)のディティールには、どれが一番似てるでしょうか。

マリー・アントワネット関連記事
映画 マリー・アントワネット
100枚の花びらの薔薇 資生堂 香水 ローズロワイヤル
マリー・アントワネットが愛したもの 肖像画16点を中心
香水 バラ ヴェルサイユ
香水 ジャン デプレ バラ ヴェルサイユ
薔薇 ロサ・センティフォリア
アントワネットのショコラ ドゥボーブ・エ・ガレ
ワイン マリー・アントワネット

|

« ワイン マリー・アントワネット | トップページ | リヒテンシュタイン美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/3954257

この記事へのトラックバック一覧です: ルドゥーテのロサ・センティフォリア:

» 100枚の花びらの薔薇 資生堂 [Art de Vivre]
古典では、墻靡といわれる花。それが薔薇なんですね。薔薇は鑑賞だけではなく、ローズオイル、ローズウォーター、ハーブとして、貴重な役割を果たしてきています。 もともと薔薇の花からとれる精油は微量。ダマスク・ローズ(Rosa damascena)とよばれる薔薇に、「花の女王」と呼ばれるブルガリアローズがあります。花弁の精油はRose otto(Attar Rose)と呼ばれる花精油は、2,500本のバラからわずか... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 00時04分

» マリー・アントワネットが愛したもの [Life Style Concierge]
「これはフランス王妃の肖像画ではなく、派手に着飾った女優の絵!」と、母マリア・テレジアは、アントワネットの送られた肖像画をみて愕然としました。いったいどの肖像画だったのでしょうか。 王太子ルイのもとへ14歳で嫁ぎ、マリー・アントーニアから、マリー・アントワネットと呼ばれるようになったのは、1770年。 この肖像画は(タイトル、画家は、画像にカーソルをあわせてください。)、すでに王妃となった7年後の、21〜2歳のとき。あのオスカルを近衛連隊長に願いでたのは、王妃となった5年前ということで、16... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 00時11分

» マリー・アントワネット [Life Carrer Counseling]
マリー・アントワネット(1755.11.2 - 1793.10.16)は、ゴシップによって貶められ、また、王妃としての努力を怠らなかったという手紙も発見されていますが、当時の民衆には、「王妃」として映らなかったことは事実です。 来年の日本公開の「マリー・アンワネット」は、カンヌ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 02時43分

» ジャン デプレ [Blog She’s Style]
{カタログフラグ,14194,ジャン デプレ バラ ベルサイユ パフューム 30ml/1oz,基調はオリエンタル・ノートの名香,open,21100円〜,http://mari-note.cocolog-nifty.com/blog/images/02357143806.jpg,,fragrance2} ジャンデプレといえば「バラ ヴェルサイユ」の創始者です。トワレ、パヒューム、バス&シャワージェル、ローションなど、その種類は膨大。ラベルも、ボトルも種類がた... [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 16時26分

« ワイン マリー・アントワネット | トップページ | リヒテンシュタイン美術館 »