« エッシャー カライドサイクル | トップページ | James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム »

2006年11月30日 (木)

ダリ アレグロリー・デ・ソイエ

ポスター imagem: “Allégorie de soie” - Salvador Dali - http://www.art.com/
ダリ。KAFKAがもっとも苦手な男性のタイプです。晩年に向かうたび、髭を特徴づけて、奇妙、奇抜なオブジェを気取る。

ダリは、オマージュなのかパロディなのか、挑戦なのか、ミレーやフェルメール、ダ・ヴィンチなどの題材を描いていますよね。

そんなダリの 「Allegorie de Soie」 だけが好きな私です。

寓話の世界に蝶と女神と卵が描かれています。ソイエとはシルクのことですが、美を象徴する言葉として、しばしば用いられます。

imagem: “Allégorie de soie”
- Salvador Dali - http://www.art.com/
このポスターは、art .com (日本語版もあります)で購入できます。

さて、同時期に開催されているダリとエッシャー展です。ダリの作品から、エッシャーの頭部、目などの作品を連想してしまう私です。芸術の思想、哲学、技術など、世界観が違う2人。たとえば、エッシャーの「婚姻の絆(1956年)」とダリの「Raphaelesque Head Bursting(1951年)」です。

エッシャーのカライドサイクルの図柄にもある「」。マンデルブロット集合と呼ばれるフラクタル図形っていうんですね。このようにエッシャーは幾何学などの理数的な論理を象徴し、ダリは偏執狂的批判的に作品が仕上がってます。

このダリ。ミューズ(女神)として愛したガラのほかにも、格別な女性がいたらしい。ダリの作品にも登場しているこの2人の女性。享楽が芸術のインスピレーションを彷彿させて、王ダリは誕生。エッシャーは、律儀で信念を曲げることなく、ひたすら描き続けたマイスターのような芸術家。

さて、どちらが混んでいるのでしょう?

|

« エッシャー カライドサイクル | トップページ | James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム »

コメント

ダリは、フェルメールについては、その技量を賞賛していましたから、オマージュだったのでしょうね。

投稿: とーし | 2006年11月30日 (木) 20時14分

とーしさん、こんばんわ!

フェルメール、大好きだったんですよね。テーブルになったフェルメールってありますが、あれは、テーブルの不自然さを譬えたんでしょうか。

ココログの機能で、1週間ほど前から、コメントとトラックバックがすぐに表示されなくなりました。

外国からの、変なトラックバックやコメントが多いからだと思います。

とーしさんのコメント、しっかりありますから。

投稿: kafka | 2006年12月 1日 (金) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4338746

この記事へのトラックバック一覧です: ダリ アレグロリー・デ・ソイエ:

» ダリ Dali の格別な女たち [Life Style Concierge]
ゴージャスな雰囲気を纏う一人の女性。誰でも一度は夢見るシーンではありませんか。こちらはダリの洋書、Salvador Dali's Dream of Venusです。 シュレリアリズムのサルバドール・ダリ。ポール・エリュアールの妻ガラと結婚し、ガラはダリの作品(ポルト・リガートの聖母など)にも登場しています。エレナ・ディミトリエヴナ・ディアコノワ(Елена Димитриевна Диаконова)は、ガラ・エリュアール(Gala Eluard Dalí ガラ・エリュアール・ダリ)と呼ばれて... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 00時30分

» ダリ 世界教会会議  〜もうカウントダウン [XAI]
世界教会会議 サルバドール・ダリ 1960年 Worldwide Salvador Dali, Fundaci Gala-Salvador Dali, SPDA, Tokyo 2006 In the USASalvador Dali Museum Florida /Tokyo 2006 画像引用:「サライ」(小学館)2007/1月号 p80〜p81 つなぎが大変だった・・... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 16時58分

« エッシャー カライドサイクル | トップページ | James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム »