« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

シノワズリ フランソワ・ブーシェ

Chinoiserie_room_mural_lynne_rutter Chinoiserie Room Mural by Lynne Rutter
Image Copyright ©www.lynnerutter.com

ジャポニズムの赤、柿右衛門の赤とも違う、シノワズリ(中国趣味)の赤。

お花に、鳥に、蝶々といえば、日本の四季花鳥図にも描かれていますが、シノワズリも花、鳥、蝶。

このシワノズリ・ルームは、現代のアーティスト リン・リットーが描いた「障壁画」になりますが、もっともフランスの芸術において、シノワズリが象徴とされたロココ時代に、画家 ブーシェもさかんに描いています。

ロココといえば、曲線が装飾に使われていますが、C字とS字がその基本。ゆがんだ真珠といわれるバロックの力強さとは相反して、優雅で女性的。

ブーシェのシノワズリの花などの図案などもありますが、今回は、中国人のスタイルそのものを描いた、フランソワ・ブーシェの作品をご紹介します。

El_ajedrez_de_francois_boucher 「中国人のチェス」 フランソワ・ブーシェ
頭の後ろに長く垂らした三つ編みの弁髪といえば、清国。清では、乗馬、騎馬に適した旗袍(チーパオ)という服飾文化。丈の長い衣装ですが、女性のチーパオは、清朝の滅亡後に、西洋文化を受けて、フィットしたチャイナドレスに変化していきます。

さて、ブーシェの作品には、頭髪の一部をそり落とし、残りを編んで後ろへ垂らすに、まだ至らないほどの幼い子が描かれています。

この子はチェスをしている女性とどんな関係なのでしょう。ブーシェの中国人を描いた作品には、愛くるしい子供達が描かれていますが、侍従のような印象を受ける作品もあります。

こうした中国趣味が、見事にロココと融合したのは、異郷のインパクトにも優雅さが漂っているからでしょうか。日本のジャポニズムは、屏風から浮世絵をはじめ、花魁、役者、庶民という階層がクローズアップされていたようですが、シノワズリは皇帝や貴族の文化が好まれていたようです。

Feast_of_the_chinese_emperor_study_for_a

中国皇帝の饗宴 タペストリーのための習作
フランソワ・ブーシェ 1742年頃

アムステルダム国立美術館には、シルクとウールに描かれた、ブーシェのタペストリーがあります。「中国の市場」というタイトルです。

中国の結婚式、中国の釣り人、中国の狩、中国庭園、中国の祭りとブーシェは描きます。そして一番優雅に描かれている中国人は、「中国の釣り人たち」ではないでしょうか。このほとんどが1742年の作品で、中国の祭りは、1743年の作品。こちらは、すべて「変身抄」からご覧いただけます。

どの作品にも、シノワズリの赤が調和し、不思議と安らぐ色彩です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月)

妖姫 西王母

妖精、精霊、天女、仙女など、人とはかけ離れた生命体。物語や絵画や挿絵に登場しますが、醜いものと美しいものとがおりまする。(笑)

たとえば、芥川龍之介の「羅生門」の婆や、柴田是真の茨木図屏風なんかの婆は、妖怪、物の怪とされていますが、妖精、精霊、天女、仙女などと、おなじ世界のものと考える私。

太古は鬼神だった西王母(←長澤蘆雪の西王母に、西王母伝説の由来が記事になっています。)は、雛祭の祖ともなり、桃に宴にと、原典から、ずいぶんとかけ離れた仙女に描かれています。

画像引用は、浪花をいろどる-大坂で活躍した絵師たち-展のポスターから、江阿弥の西王母図(部分)です。奥文鳴の「西王母・紅白桃図」の中央と同様に、身体の向きの方向へ歩いている構図にも見えますが、荻生天泉 の西王母図に倣うと、位置が反対にも思えます。

西王母は、侍女を伴って描かれているか、玉座に座っているか、飛翔しているか、庭園を歩いているかというように描かれていますが、月僊と狩野雪は、肖像画のように描いています。



左から、月僊 西王母図、大和絵の大家 荻生天泉  西王母図、江戸女流絵師 狩野 雪  西王母図です。狩野雪は、狩野探幽の娘になります。月僊は、たおやかに熟した西王母を、天泉は、優美な物腰の西王母を描き、雪は、初々しい西王母を描いているようです。



屏風 漢武帝と西王母 です、 年代、作者は不詳ですが、日本のものと紹介されていました。リンクの西王母に、説明がありますが、桃花の伝説のひとこまです。また、西王母が7月7日に武帝に会う約束をしたという伝承からは、西王母は、雛祭だけではなく、七夕の起源にも関わっていますが、牽牛と織姫の渡る天の川を、簪で裂いたという伝えもあります。



円山応挙に学んだ奥文鳴の「西王母・紅白桃図」です。三幅対で、西王母の庭園で、3000年に一度咲くといわれる桃花を見ているのでしょうか。江阿弥の西王母図と比べてみてください。

3000年に一度という、西王母伝説の不老不死の仙桃は、桃源郷とみなされることもありますが、もともとの伝説は、戦乱の「外の世界」から隔てた村のお話が原典です。


Hagoromo_by_kamisaka_sekka神々ではなく、人でもない。姿は美しいけれど・・・となると、天女や仙女は美しく描かれます。人魚伝説と同様に、櫛や鏡を残し、浮世の世界に姿を表わしますが、いずれ空へと昇っていく。

こちらは、神坂雪佳の「羽衣」ですが、とても不思議なもの。薄く軽くしなやかで、此の世の織物とも違う。天女の羽衣は、縫い目も切れ目もないのに、衣のかたちで、天女は纏う。

雪佳の「羽衣」は、天女の羽衣とは違い、神に仕える女性の衣のようです。古代の巫女かもしれませんね。

ただ、この立ち方をみると能を思い出しませんか?祝言の能「西王母」は,周の穆王へ「君の長寿を祈り、君の再び来るを願う」という交流のお話です。「東方朔 西王母」は、帝に仙桃を捧げに来た西王母と、帝に仕える仙人・東方朔の相舞です。

このように考えると、なんだか「羽衣」も「西王母」に思えてくる私でした。

さて、尾形光琳も西王母を描いています。尾形光琳 西王母/狩野永楽 西王母東方朔図屏風/西王母 滝図(三幅対)は、変身抄からご覧ください。長山孔寅の西王母図は、mari さんから。狩野常信の西王母は、Magnum masse からどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月16日 (土)

ポーラのスター・ダイアリー

Estrelas

caderno das estrelas 3/star book Magic Fly Paula by Paula Catão
「キャンパス・ステラ」-サンティアゴ・デ・コンポステラ 

ラテン語ではコンポステラって、星の野(Campus stellae)という意があるそうですが、スペインの文化遺産に、「サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼道」があります。この星の野と墓場(Compositum)という意が、キリスト教の巡礼地を示します。複数の街道は巡礼路。沿道の教会、修道院。「歓喜の丘」で初めて大聖堂の姿を目にし、聖ヤコブ(スペイン語名サンティアゴ)の柱に触れるまでの道のり。(詳細:世界遺産の旅

オンライン写真共有サービスのフリッカーで、Magic Fly Paula(マジック フライ ポーラ:ポーラの魔法飛行と訳してもいいでしょうか。)として知られている、Paula Catãoは、ポルトガルの美術教師らしい。


magic fly Paula(paula catão) on flickr

フリッカー マジック フライ ポーラ

そのポーラが、ポケットサイズのノートに、ヴァン・ゴッホのウォーターカラーターレンスのエコライン、ドローイングインク、カランダッシュのオイル パステルなどもつかい、コラージュや水彩画を描いたシリーズ「スター・ダイアリー 1・2」なんです。(いい画材つかってますねぇ~。ノートは、あのモールスキンだって!かなりのステーショナリーマニア。)

はじめて知ったのが、blog「好きになった」のヒサミチさんの記事から。

blog 「好きになった」・・・06'12/10 記事 「スター・ダイアリー」で、美しいポーラのスケッチを、5枚紹介していました。

1.Caderno das estrelas 40/ Star Book
 ポーラの宇宙論「スター・ダイアリー」
2.Caderno das estrelas 21/ Star book serie nº2
 フレスコ画 フェルナンド・ガレゴのサラマンカの天国をみて
 (Heavens of Salamanca -Fresco in Vault in Old Library, circa 1473 )
3.caderno das estrelas 1/star book
 ノート(スター・ダイアリー)からの1枚
4.Caderno das estrelas 33/Star Diary serie nº2 
 ジョルダーノ・ブルーノに捧げて
5.caderno das estrelas 33/star book
 惑星カタログ


それで、KAFKAもちょっと調べてみましたよ。


Star_diary

caderno das estrelas 35/star book Magic Fly Paula by Paula Catão 惑星の植物標本

そのほかにも
マジック フライ ポーラ スター・ダイアリー以外のフォトグラフ
空・月・星 スター・ダイアリー(ごめんなさい。トラバが送信できません。)
Die Verwandlung  lunaryuna と Paula の スター・ダイアリー

創造的で、美しくって、不思議な宇宙論を想像するポーラ。ホルヘ・ルイス・ボルヘス、ポール・オースター、トニーノ・グエッラ(脚本家)、カール・セーガンなどの本を読むことも重要で、発見があるといいます。

スター・ダイアリーは、ポーラ個人の宇宙であり、、惑星、星、星雲、ブラックホール、銀河、星団、天体地図などの「百科事典」のようなものとしています。自分だけの宇宙、それは人生観かもしれませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年12月10日 (日)

メジャー フォー メジャー 尺には尺を

シェークスピア 「尺には尺を」の登場人物 マリアナ William Shakespeares ”Measure for Measure” 「Mariana in the South」1897年 John William Waterhouse プライベートコレクションになりますが、FULHAM PUBLIC LIBLARYのコレクションもあります。「尺度(メジャー)には尺度をもって報いる」というのは、シェイクスピアの「メジャー フォー メジャー(尺には尺を)」の台詞。

目には目を・・・とは、違いますね。「自分が他人にした行いは、おなじ分だけ自分に報いる」ということです。

今年は、まぁまぁの一年。ありがたいことです。実生活、ネット世界でも、えぇ!というようなこともありましたが。

「この世は、メジャー フォー メジャー よ。」という呪文を唱えています。(笑)

メジャー フォー メジャー に登場する一人 マリアナは、彼女にとっては、ちょっと皮肉な役回りの頼みごとを、心よく引き受け、のちのちそれが、マリアナの頼みごとが叶うことになります。

「権力が、人の心を変えるとするなら、うわべを装う者がどうなるか。見届けよう。」


Mariana in the South (c. 1897), private collection

南のマリアナ 1897 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス


この権力を代行した人物が、マリアナとは反対に、死で償う裁きが下るのですが、マリアナの頼みごととは、この人物の命乞いでした。

絵は、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの作品

この作品 「Mariana in the South」は、J. W. Waterhouseに掲載されています。ウォーターハウスは、あまり好きな画風ではありません。ですが、シェークスピアの作品の登場人物であるオフィーリア、ジュリエット。そしてギリシャ神話ホメロス冒険綺譚などの題材では、寓意や特徴、心情をよく描いているのですよ。

Mariana in the South (c. 1897), private collection

上半身が鏡に映っているマリアナ。鏡とは映すもの。まさに、報いの尺度を映し出しているかのよう。自分自身が映る鏡は、自分自身の尺度が映っているのですね。 「終わりよければすべてよし」  All's Well That Ends Well になるように

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 関連記事
パンドラの壷
薔薇の魂
オフィーリア(小さいですが、何点かあります)
シャーロットの姫君
去れど忘られず
ヒュラスとニンフたち/イアソンとメディア
オデュッセイア マーメイド(人魚)/嫉妬に燃えるキルケ/ユリシーズ(オデュッセウス)に杯を差し出すキルケ/ユリシーズとセイレーン

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年12月 7日 (木)

パリの蜂蜜 レ・ザベイユ 

DE LUXE Paris ドゥ・リュクス・パリスのHPに、les Abeilles レザベイユの蜂蜜を、レザベイユ・ジャポンで販売することが掲載されていました。

DE LUXE とは。
ドゥ・リュクス とは「贅沢な~」という形容詞。「贅沢」とはなんでしょうか?

それはたくさんのお金を使うことではなく、自分という資本や自分のための時間、という限られたものを有意義に過ごすこと。

こう私たちドゥ・リュクスは定義します。

”何に贅沢を感じるのか”を考えながら、食と美をメインとした日本とフランスを結ぶトータルコーディネートを展開。

さて、レザベイユの蜂蜜とは、Schakmundes シャクマンデス氏 の天然ハチミツ100%の、自家製「Miel Paris ミエルパリス」です。この蜂蜜を、日本では直訳で、 「パリのハチミツ」というネーミングになっています。

les Abeilles
21, rue de la Butte aux Cailles  Tél : 01 45 81 43 48

ミエルは、ミツバチが作るもので、人には作ることができないもの。
ミエルはとても気高くてユニーク な自然の産物。
この世で最高の、そして最後の自然食ではないかと思う。

les Abeilles

こう語るシャクマンデス氏のハチミツは、Butte aux cailles ビュットーカイユにあります。パリ南東部13区の鶉が丘のハチミツ専門店 Les Abeilles レ・ザベイユ。ここでは、好きなビンに、希望するだけを小分けしてくれるといいます。

レザベイユ・ジャポン

ミツバチ小辞典(Lexique)、ハチミツの種類とその効果(Indications therapeutiques)、ハチミツいろいろ(Varietes de miels)、ハチミツの特徴 -色、形態、味、採取地、花の時期(Caracteristiques)などがあり、読めばハチミツ博士になれますね。

レザベイユ フランス版

ハチミツとしてではなく、ハチミツのコンディメンツなんかも掲載されています。お店には蜂蜜のビネガーや蜂蜜風味のマスタードもあり、ロイヤル・ゼリー、プロポリスもあり、歯磨きやソープまであります。リンク先の左のサイドバーに、「Produits et tarifs」とあります。6つの商品構成で、Les spécialités・Les miels・La santé ・Les confiseries ・A la maison・Matériel apicoleと分かれています。

レザベイユ 販売店

DE LUXE Parisの、日本国内の公式販売店のリストで、それぞれの取り扱い店のHPにもリンクされています。ハチミツだけでも、ものすごい種類です。全種類はとてもとても。ですから販売のお店によって、取り扱いが違うそうです。絞りたて生乳100%特製ヤオ ナチュール(プレーン・ヨーグルト) YAOURT NATUREにも、このハチミツが使われています。 

 【問い合わせはメール】  
 japan@lesabeilles.biz
 lesabeilles@deluxeparis.com

カフェロッソ

いちばんわかりやすいです。すぐ商品(ハチミツ)と価格が目に飛び込んできます。

AFP BB

時事通信社の記事で、内外のお店の雰囲気が写真で掲載されています。

シャクマンデス氏の自宅の庭以外でも、ヴァンセンヌや、ブローニュの森、パリ市内の公園で養蜂の箱を目にすることができます。蜂の巣からだけでつくる「ハチミツ」は、贅沢ですねぇ。そういえば、蜂の巣って、黄金比だったんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

深井隆 逃れ行く思念

深井隆氏 「逃れ行く思念-青空または瞑想」 (北海道立旭川美術館所蔵) 札幌芸術の森美術館 ドラマティック・コレクションから先月、札幌に出張した友人から、1枚の展覧会のカタログを頂きました。そこに、深井隆氏の作品で、北海道立旭川美術館所蔵の「逃れ行く思念-青空または瞑想」という椅子がありました。

エンジェルの羽がひろがり、ゴールドのアップルが椅子のうえ。

このシリーズはたくさんありますが、この作品が、2007年1月20日から、札幌芸術の森美術館で展示されます。

画像引用
札幌芸術の森美術館
ドラマティック・コレクション パンフレットから

深井隆氏
「逃れ行く思念-青空または瞑想」
北海道立旭川美術館所蔵

さらに、ANGアートマーケットから、このシリーズを購入することができるようなんです。


美術品販売希望者と購入希望者の橋渡しを目的としてこのサイトを運営いたしております。


深井隆氏の作品はこちら
ANGアートマーケットのトップはこちら

美術館にある作品が、一般にも公開されて、購入できる機会は素晴らしいですね。(買えませんが) いったいどのくらいの価格で購入できるのでしょうか。オークションのように、高値がつきそうです。

ドラマティック・コレクションには、神山明氏の「いつもの道に迷い込む」、そして舟越桂さんの「雪の上の影」など、見ごたえある作品や巨匠と呼んでもいい作家の作品などもあります。雪祭りの時期も開催中のようですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年12月 3日 (日)

ウィリアム・メリット・チェイス 室内遊戯

At_play

遊戯 年代不詳
At Play

これは、トレイン(電車ごっこ)のマネでしょうか。「普通のアメリカ人」 としての中産階級の生活よりもブルジョワでしょう。少女たちのドレス、靴をみても、富裕層ですね。18世紀までは、大人の服を小さくしたドレスでしたが、19世紀から次第に、少女のドレスの丈が短くなっていきます。

Children_playing_parlor_croquet

クロッケー 1888年
Children Playing Parlor Croquet

クロッケーがイギリスから伝わったのが、1870年のこと。室内でのクロッケーは、ブルジョワならでは?アメリカではちょうどビクトリアン時代の様式が建築に取り入れられ、ピンクやブルー、黄色などの壁が流行。ここは、ボールルーム(舞踏場)でしょうか。

William_merritt_ring_toss_1896

輪投げ 1896年
Ring Toss

アメリカではちょうどビクトリアン時代。ドレスにエプロン。リボンにビーズに、レース。お姉ちゃまが投げる輪投げを、うしろのほうで、まだかまだかという気持ちを身体いっぱいに表現している妹。ウィリアム・メリット・チェイスは、こうした子供を描いているのが好きです。

Hide_and_seek

かくれんぼ 1888年
Hide and Seek

「EccounPoco ホーキーポーキー」という呼び声。ちょっとおいでなんて、ホーキー・ポーキーマンは、道端でアイスクリームを売っている。1890年には、チョコレートをかけたサンデーが登場。そしてポップコーン。かくれんぼをしている少女たちは、数年後の未来に手にしたのでしょうか。この時代の家庭のポップコーンは、庶民のもの。数年先に街頭で買えるポップコーンは富裕階級の食べ物でした。

ウィリアム・メリット・チェイス 関連記事
ウィリアム・メリット・チェイスとジャポネズリー
ウィリアム・メリット・チェイス の ジャポネズリー
ウィリアム・メリット・チェイス と ジャポニズム

William Merritt Chase American Master Painter
Art WorksEncore EditionsThe-Athenaeum

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年12月 1日 (金)

James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム

Whislerヨーロッパの女性がキモノを着ているからジャポニズムというわけではありませんよね。

ホイッスラーは、花魁なども描いていますが、こんな可愛いスィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)を、日本のお屋敷の壁を背景に描いたよう。蝶々に小菊、塗り壁に落書き。この落書きこそ、落款のようにホイッスラーがサインを書いているのです。この壁によく似た構図がもう一枚あります。「Mother of pearl and silver: The Andalusian 」ですが、壁に注目してくださいな。

アレクサンダー嬢、ちょっと不機嫌そう。ポーズをとるのに疲れてしまったからでしょうか。

この可愛いスィスリーのドレスは、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーのデザインです。シックなリノンのドレスにフェルトの帽子。

ジャポニズムがこんなに楚々と可憐に描かれているのは珍しい。タイトルは「灰色と緑色のハーモニー スィスリー・アレクサンダー嬢」(テートギャラリー)は1872~73年の作品です。

参考に:名画とファッション 深井晃子著

James_mcneill_whistler_10

Harmony in Grey and Green: Miss Cicely Alexander
1872-74 Tate Gallery, London

RE+nessance
ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋

REMOVE
灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866
浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン。

Life Carrer Counseling
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー
(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ

ホイッスラー  芸術至上主義
耽美主義(審美主義)なホイッスラーの作品
ラピスラズリ(瑠璃)
青と紫:ラベル・ド・ジュール(美しい日に)
透明なガウンの裸婦
(フィーメィルヌード ウィズ ダイアファナスガウン)

Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
茶色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ 1863
広重 東海道五十三次 岡崎

art⇔Interactive⇔life 肌色と緑の薄暮:バルパライソ 
青と金のノクターン-オールド・バターシー・ブリッジ
ラスキン酷評の黒と金色のノクターン 落ちる花火

Magnum Photos Photographer
肌色と緑のバリエーション: バルコニー

Allegory 紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
花魁・孔雀の間 「La Princesse」(陶器の国の皇女)
孔雀の間 リンク「金屏風」1865年
「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »