« ダリ アレグロリー・デ・ソイエ | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス 室内遊戯 »

2006年12月 1日 (金)

James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム

Whislerヨーロッパの女性がキモノを着ているからジャポニズムというわけではありませんよね。

ホイッスラーは、花魁なども描いていますが、こんな可愛いスィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)を、日本のお屋敷の壁を背景に描いたよう。蝶々に小菊、塗り壁に落書き。この落書きこそ、落款のようにホイッスラーがサインを書いているのです。この壁によく似た構図がもう一枚あります。「Mother of pearl and silver: The Andalusian 」ですが、壁に注目してくださいな。

アレクサンダー嬢、ちょっと不機嫌そう。ポーズをとるのに疲れてしまったからでしょうか。

この可愛いスィスリーのドレスは、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーのデザインです。シックなリノンのドレスにフェルトの帽子。

ジャポニズムがこんなに楚々と可憐に描かれているのは珍しい。タイトルは「灰色と緑色のハーモニー スィスリー・アレクサンダー嬢」(テートギャラリー)は1872~73年の作品です。

参考に:名画とファッション 深井晃子著

James_mcneill_whistler_10

Harmony in Grey and Green: Miss Cicely Alexander
1872-74 Tate Gallery, London

RE+nessance
ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋

REMOVE
灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866
浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン。

Life Carrer Counseling
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー
(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ

ホイッスラー  芸術至上主義
耽美主義(審美主義)なホイッスラーの作品
ラピスラズリ(瑠璃)
青と紫:ラベル・ド・ジュール(美しい日に)
透明なガウンの裸婦
(フィーメィルヌード ウィズ ダイアファナスガウン)

Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
茶色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ 1863
広重 東海道五十三次 岡崎

art⇔Interactive⇔life 肌色と緑の薄暮:バルパライソ 
青と金のノクターン-オールド・バターシー・ブリッジ
ラスキン酷評の黒と金色のノクターン 落ちる花火

Magnum Photos Photographer
肌色と緑のバリエーション: バルコニー

Allegory 紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
花魁・孔雀の間 「La Princesse」(陶器の国の皇女)
孔雀の間 リンク「金屏風」1865年
「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)

|

« ダリ アレグロリー・デ・ソイエ | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス 室内遊戯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4363791

この記事へのトラックバック一覧です: James McNeill Whistler ホイッスラーのジャポニズム:

» アルフレッド・ステヴァンス  18枚の ジャポニズム  [Life Style Concierge]
風俗スタイルの洗練美は、ベルギーの画家 アルフレッド・ステヴァンス ならでは。マネにベルト・モリゾ、ボードレール、ゴンクールという交友関係も頷けますね。 端正な美しさを基本とする筆致は、「美」の追求を感じます。この絵のタイトルは、「La Parisienne japonaise ラ・パリジャン ジャポネーズ(1872年)」(Mamac美術館 所蔵)といいます。 メトロポリタン美術館所蔵(The Metropolitan Museum of Art)のステヴァンスの作品は、「The Jap... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 00時15分

» ジェームズ・マクニール・ホイッスラーのジャポニズム [RE+nessance]
ホイッスラーの水彩画が好きだが、キモノを着せたジャポニズムは嫌いだ。だが、この画家のアトリエのジャポニズムは好きである。 後ろ向きの女性は、ジャポネーズ ローブ(キモノ)と思われる。そして団扇を手にしているではないか。クリックして、大きな画像でみてほしい。 ジャポニズムは、文学の世界にも広がっている。ゴングール兄弟もそうだ。キモノを着ている外国人だからジャポニズムではないのは、ご承知だと思うが、陶器やインテリアまで、日本趣味は流行した。 西洋ではローブと現されているキモノだが、胸元を大... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 00時21分

» ジャポニズム [Allegory]
James McNeill Whistler (1834-1903) 「花魁」(ポスターより) モネにしても、ゴッホにしても、ピカソにしても、なんとなく「花魁」風情が好きなようですが、賎民と卑しめられながらも、ヨーロッパの高級娼婦がいるように、日本の娼婦たちにも階級があり、高い位につくと貧しい庶民の女性たちよりも美しく着飾り、飢えの心配もない暮らしをしていたのが花魁 でも娼婦のほとんどは貧しく、病気や過酷な労... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 00時27分

» ジョージ・ヘンリー と ジョージ・ヘンドリック・ブライトナー の キモノ ジャポネズリー [Remove]
ジョージ・ヘンリーというと、政治経済学者を思い出すかもしれないが、スコットランドの芸術家のジョージ・ヘンリー。ジョージ・ヘンリーと名のつく芸術家もまた多い。 GEORGE HENRY,RA,RSA,RSW(1858-1943)っていう人だ。このRA,RSA,RSWって何だ。たぶんグループ・オブ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 06時44分

» ウィリアム・メリット・チェイス の ジャポネズリー [Life Carrer Counseling]
WILLIAM MERRITT CHASE The Paintings in Pastel, Monotypes, Painted TilPisano, Ronald G / Baker, D. Frederick / Shelley, Marjorie クリックされると、表紙の絵画が大きくご覧いただけます。 ウィリアム・メリット・チェイス の作品集です。静物画、スティルラ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 21時29分

» ホイッスラー  肌色と緑の薄暮  バルパライソ [art⇔Interactive⇔life]
肌色と緑の薄暮  バルパライソ (テートギャラリー) 日が暮れる”たそがれ”どき・・・・。浮世絵を模したともいわれている作品ですが、古典的な西洋の美術史にもよくある構図です。 ホイッスラーは、カンディンスキーとは違った意味で、音楽的だし、文学に... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 05時38分

» ホイッスラー、ジェームズ・アボット・マクニール [Life Carrer Counseling]
バラ色と銀色:ミセス ウィブリーの肖像画 1894年 (ホィブリー夫人の肖像画) by ホイッスラー 黒いバックグラウンドに限られたパレットの色。わずかに茶の色彩を残す床は、もっとも白い、女性の肌と対照的。 ドレスに流れる黒いレースは、夫人のばら色の帽子とドレス....... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 06時47分

» ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋 [RE+nessance]
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」がこれだ。 元々は、彼の後援者である、リバプールの海運王(F.R.レイランド)のためにこのスクリーンを描いたという。 あの「La Princesse:陶器の国からきた皇女」がある「孔雀の間」をつくらせたレイランドのことだ。 このパネル(屏風)の場面は夜のテームズ川。 左上にチェルシー教会の時計台を見ることができる。 フレームは塗装された花と一連の二重線で飾り付けをされ、線は竹の軸を示して... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 06時48分

» ホイッスラー 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866 [REMOVE]
灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866 浮世絵は、作品に作者の印章として「落款」がある。ホイッスラーの「灰色と緑色のシンフォニー 海洋」(1866年)は、この浮世絵の落款を見事に描いている。 ご存知のように、浮世絵の余白の右上... [続きを読む]

受信: 2006年12月23日 (土) 07時16分

» ジェームズ・マクニール・ホイッスラー  芸術至上主義 [Life Style Concierge]
ラピス ラズリ(1885-86)ジェームズ・マクニール・ホイッスラー フリ−ア美術館所蔵のミリー・フィンチを思い起こさせるような「ラピスラズリ」です。扇に寝椅子(カウチでしょうか、ソファーでしょうか)のしどけた女性。芸術至上主義を提唱した時代のホイッスラーの作品です。 私は、これがホイッスラーの耽美主義における作品だと思うわけですね。 この作品を所蔵するイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館。ボストンにある邸宅に、コレクションした美術品を、自室に飾る形式で鑑賞できる美術館。クラッ... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 01時25分

» 07年春夏パリ・オートクチュールコレクション ディオール ジャポニズム [Life Carrer Counseling]
ディオールのデザイナーといえばジョン・ガリアーノ。この2007年SS(春夏)パリ・オートクチュールコレクションは、ガリアーノにとって10年目のディオールのショーとなりました。テーマは、ご覧のとおりジャポニズム。 松竹梅をイメージした作品や扇を髪飾りに用いていま...... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 11時56分

» ジェームズ・マクニール・ホイッスラー  [Art de Vivre]
「占い師 V:ソファーのうえの裸婦」1890 - 1892 ホイッスラー グラスゴー大学ハンタリアン博物館・美術館所蔵 The Hunterian Museum and Art Gallery, University of Glasgow 「アラビアン」1890 - 1892 ジェームズ・マクニール・ホイッスラー グラスゴー大学ハンタリアン博物館・美術館所蔵 The Hunterian Museum and Art Gal... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 09時09分

« ダリ アレグロリー・デ・ソイエ | トップページ | ウィリアム・メリット・チェイス 室内遊戯 »