« ポーラのスター・ダイアリー | トップページ | シノワズリ フランソワ・ブーシェ »

2006年12月18日 (月)

妖姫 西王母

妖精、精霊、天女、仙女など、人とはかけ離れた生命体。物語や絵画や挿絵に登場しますが、醜いものと美しいものとがおりまする。(笑)

たとえば、芥川龍之介の「羅生門」の婆や、柴田是真の茨木図屏風なんかの婆は、妖怪、物の怪とされていますが、妖精、精霊、天女、仙女などと、おなじ世界のものと考える私。

太古は鬼神だった西王母(←長澤蘆雪の西王母に、西王母伝説の由来が記事になっています。)は、雛祭の祖ともなり、桃に宴にと、原典から、ずいぶんとかけ離れた仙女に描かれています。

画像引用は、浪花をいろどる-大坂で活躍した絵師たち-展のポスターから、江阿弥の西王母図(部分)です。奥文鳴の「西王母・紅白桃図」の中央と同様に、身体の向きの方向へ歩いている構図にも見えますが、荻生天泉 の西王母図に倣うと、位置が反対にも思えます。

西王母は、侍女を伴って描かれているか、玉座に座っているか、飛翔しているか、庭園を歩いているかというように描かれていますが、月僊と狩野雪は、肖像画のように描いています。



左から、月僊 西王母図、大和絵の大家 荻生天泉  西王母図、江戸女流絵師 狩野 雪  西王母図です。狩野雪は、狩野探幽の娘になります。月僊は、たおやかに熟した西王母を、天泉は、優美な物腰の西王母を描き、雪は、初々しい西王母を描いているようです。



屏風 漢武帝と西王母 です、 年代、作者は不詳ですが、日本のものと紹介されていました。リンクの西王母に、説明がありますが、桃花の伝説のひとこまです。また、西王母が7月7日に武帝に会う約束をしたという伝承からは、西王母は、雛祭だけではなく、七夕の起源にも関わっていますが、牽牛と織姫の渡る天の川を、簪で裂いたという伝えもあります。



円山応挙に学んだ奥文鳴の「西王母・紅白桃図」です。三幅対で、西王母の庭園で、3000年に一度咲くといわれる桃花を見ているのでしょうか。江阿弥の西王母図と比べてみてください。

3000年に一度という、西王母伝説の不老不死の仙桃は、桃源郷とみなされることもありますが、もともとの伝説は、戦乱の「外の世界」から隔てた村のお話が原典です。


Hagoromo_by_kamisaka_sekka神々ではなく、人でもない。姿は美しいけれど・・・となると、天女や仙女は美しく描かれます。人魚伝説と同様に、櫛や鏡を残し、浮世の世界に姿を表わしますが、いずれ空へと昇っていく。

こちらは、神坂雪佳の「羽衣」ですが、とても不思議なもの。薄く軽くしなやかで、此の世の織物とも違う。天女の羽衣は、縫い目も切れ目もないのに、衣のかたちで、天女は纏う。

雪佳の「羽衣」は、天女の羽衣とは違い、神に仕える女性の衣のようです。古代の巫女かもしれませんね。

ただ、この立ち方をみると能を思い出しませんか?祝言の能「西王母」は,周の穆王へ「君の長寿を祈り、君の再び来るを願う」という交流のお話です。「東方朔 西王母」は、帝に仙桃を捧げに来た西王母と、帝に仕える仙人・東方朔の相舞です。

このように考えると、なんだか「羽衣」も「西王母」に思えてくる私でした。

さて、尾形光琳も西王母を描いています。尾形光琳 西王母/狩野永楽 西王母東方朔図屏風/西王母 滝図(三幅対)は、変身抄からご覧ください。長山孔寅の西王母図は、mari さんから。狩野常信の西王母は、Magnum masse からどうぞ。

|

« ポーラのスター・ダイアリー | トップページ | シノワズリ フランソワ・ブーシェ »

コメント

KAFKAさん、いろいろ楽しませていただきました。マンガの話題で遊んでいただいたり。

よい年をお迎えくださいね。

投稿: とーし | 2006年12月31日 (日) 17時03分

とーしさん
あけましておめでとうございます。
KAFKAのほうが、いっぱい遊んでもらっています。

今年は、自宅でのんびりお正月を迎えています。
初詣は、明日行くんです。

おみくじが楽しみ。境内には、お茶屋さんがあって、無料でお菓子とお茶がいただける神社なんです。

そのお茶屋さんは、地元のお菓子屋さん。

そのお菓子を食べて、15日までの冬休みをゆっくり過ごします。

投稿: KAFKA | 2007年1月 3日 (水) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4593565

この記事へのトラックバック一覧です: 妖姫 西王母:

» 長澤蘆雪 西王母図 [Remove]
長澤蘆雪 西王母図 長沢芦雪については語らない。西王母について語る。 西王母は、姓は楊、名は回といい、三月三日に生まれたという。めでたい絵として用いられるのは「不老不死」を意味するからであるが、天の災い(疫病)と五刑(顔の入墨、鼻削ぎ、脚切り、性器...... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 22時02分

» 長山孔寅筆 西王母図 [mari-note]
長山孔寅筆 西王母図画像引用:浪花をいろどる-大坂で活躍した絵師たち-平成 18 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 23時15分

» 西王母 [変身抄]
尾形光琳 西王母 1705年 もとは、細見コレクション。現在は、キンベル美術館所蔵。 長山孔寅 西王母図 長澤蘆雪 西王母図 妖 姫  西王母図 羽  衣 (神坂雪佳) 西王母図 (阿弥/奥文鳴/月僊/荻生天泉/狩野雪/作者不詳) ... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 17時29分

« ポーラのスター・ダイアリー | トップページ | シノワズリ フランソワ・ブーシェ »