« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

ギュスターヴ・モロー

「アダム:金の時代・星・陶酔」(1886年)まるで、小さな妖精のように描かれたアダムとイヴ(エヴァ)。これは、ギュスターヴ・モローの作品で、「アダム:金の時代・星・陶酔」(1886年)といいます。

アダムとイヴが、追放される前の7年間は、楽園で暮らしていました。

この陶酔は、禁断の果実を食べたあとなのでしょうか。前なのでしょうか。気になるところですが、モローが、ヘシオドスの5つの時代から「金の時代」としているところを考えると、果実を食べる前なのかもしれません。

remove  ギュスターヴ・モロー多翼祭壇画「人類の生」
銀の時代では、吟遊詩人のヘシオドスとオルフェウス(オルフェ)が登場する。ヘシオドスがタイトルに登場して、モローの作品の意図がわかるだろ?

さて、引用の「remove」から、ヘシオドスの5つの時代を知ることができ、KAFKAで紹介している、ギュスターヴ・モローの作品が、その銀の時代、それから鉄の時代とシリーズになった、多翼祭壇画「人類の生」という一部だということがおわかりいただけたでしょうか。

「アダム:金の時代・夜・眠り」こちらは、陶酔につづく「アダム:金の時代・夜・眠り」です。

ヘシオドスは、叙事詩「仕事の日」で、「心に悩みなく、悲嘆もなく、神々と暮らす。老いも衰えもなく、あらゆる災厄を免れて、宴楽に耽っていた。」と金の時代を謳っています。

この眠りは、退化していく銀の時代を暗示するようでもありますね。

実はこれは「夕べと苦しみ」なんですよ。

wankoさんが2010年に記事をアップしています。そちらで解説をご覧ください。

記事 ギュスターヴ・モロー「夕べと苦しみ」

つぎの作品は、すでに銀の時代の3枚目になります。

「ヘシオドスとオルフェウス(オルフェ):銀の時代・夜・嘆き」というタイトルで、アダムとイヴに変わって「詩人」の登場です。モローのほかの作品にも登場しているヘシオドスとオルフェウス(オルフェ)です。ヘシオドスが詩神ムーサと描かれている作品がありますが、そのムーサの一人のカリオペの息子が、竪琴の名手オルフェス(オルフェ)なんですね。

「ヘシオドスとオルフェウス(オルフェ):銀の時代・夜・嘆き」嘆きとは・・・。ヘシオドスの嘆きは「鉄の時代」を憂うのか、オルフェウス(オルフェ)が亡くなって、夏の星座「琴座」になってしまったことを嘆いているのでしょうか。

神話の世界を通した一連の作品です。

この3枚を含む多翼祭壇画「人類の生」は、ギュスターヴ・モロー美術館所蔵です。

Musée Gustave Moreau
CARTES POSTALES
最上部に描かれているキリスト以外の9作品は、ポスターで購入できますよ。この3枚のポスター画像の写真の大きいサイズはこの記事の最後にご用意しています。

ギュスターヴ・モロー 関連記事

XAI ギュスターヴ・モロー「キマイラたち 悪魔的なデカメロン」
未完のようなサロメ そしてエボーシュ
ギュスターヴ・モロー 歌舞伎役者/「詩人と聖女」
ギュスターヴ・モロー 「歌舞伎の女形二人」
ガラテアイアソンとメディア多翼祭壇画「人類の生」
ギュスターヴ・モロー  アフロディテ
ギュスターブ・モロー 6枚のサロメ
ギュスターヴ・モロー 「サロメ」年代不詳
「大皿にのせたバプテスマのヨハネの頭をはこぶサロメ」(個人所蔵)
「サロメの舞踏」 1876年頃 水彩 メナード美術館所蔵
「踊るサロメ」(刺青のサロメ) 1876年頃 モロー美術館
「踊るサロメ」 1886年 水彩 ルーブル美術館
「ヘロデ王の前で踊るサロメ」 1876年 モロー美術館

ギュスターヴ・モロー サロメ
「サロメ」1875年 モロー美術館所蔵
「ヘロデ王の前で踊るサロメ」 1876年 アーマンド・ハマー所蔵
「出現」1876年 水彩 ルーブル美術館所蔵
「出現」1876年 油彩 モロー美術館所蔵
「牢獄のサロメ」東京国立西洋美術館
「サロメ」 年代不詳 モロー美術館
「サロメの舞踏」年代不詳 モロー美術館
「庭園のサロメ」1878 個人蔵


La_vie_de_lhumanit_lage_dor_adam__2


La_vie_de_lhumanit_lage_dor_adam__4


La_vie_de_lhumanit_lage_dargent_hsi

モローのもうひとつの「人類の生」の作品です。こちらの全種類も先のリンク先「remove  ギュスターヴ・モロー多翼祭壇画「人類の生」からご覧いただけます。

2010年追記

この「人類の生」での夜は短い夕べのあとにやってきます。3枚目のミューズが天空にいますが、その「声」を静かに聴いているこの「詩人」は、「夕べと苦しみ」に描かれている「苦しみ」なのではないでしょうか。

そしてこの「声(ミューズ)」は「ヘシオドスとミューズ」、「声」という作品に登場するミューズに似ています。

記事 「ギュスターヴ・モロー ヘシオドスとミューズ、そして声」 

さて、下記の祭壇画の3枚と見比べてください。どちらがお好きですか?


Humanitekafkaeve


Humanitekafkasoil


Humanitekafka

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2007年1月25日 (木)

パウル・クレー ひとりぼっちの花

Lonely_flower_1934 「ひとりぼっちの花」1934年
パウル・クレー
コロンバス美術館、オハイオ所蔵

Mr. Lonely by Bobby Vinton
 Lonely I'm Mr. Lonely ~

ボビー・ヴィントンのミスター・ロンリー。詩の一節「僕は孤独な男」は戦場の孤独の中にいる一人の兵士。やさしいメロディーと切ない詩。クレーの「ロンリー・フラワー」と重なります。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年1月19日 (金)

アレクセイ・ヤウレンスキー

The Greta Garbo Collectionここはどこかというと、ハリウッドの伝説となったスイス生まれの女優グレタ・ガルボ(1905-1990)の邸宅(NY)だったところ。グレタ・ガルボ旧蔵といわれる「グレタ・ガルボ コレクション」には、ルノワールの名品「青い服の子供」があったのは有名ですね。

グレタ・ガルボ ハウスの一室にある暖炉のうえに、「レオンティーヌとココ」が飾られていましたが、絵画コレクションはこれだけではありません。

引用: remove ワシリー・カンディンスキー
【1924年には、カンディンスキー、パウル・クレー、ライオネル・ファイニンガー、ヤウレンスキーと、「青の四人」を結成】

マッケやマルクが戦死した10年後、ガルカ・シャイヤーのはからいで、創設に至ったのが、「青の四人」なんですね。そのガルカ・シャイヤーのまわりには、マリーネ・ディーデリヒ、グレタ・ガルボがいたわけです。


Alexej von Jawlensky 「Mystisc Kopf(Mystischen Köpfe)」 メルツバッハー・コレクション(The Merzbacher collection )カンディンスキーと同じ年に、ミュンヘンに移り住んだ、モスクワ出身のアレクセイ・フォン・ヤウレンスキー。ガブリエル・ミュンターが、カンディンスキーの作品を寄付したレンバッハハウス美術館にもあります。

ここにヤウレンスキーの「舞踏家アレクサンダー・ザッハロッフの肖像」がありますが、ヤウレンスキーといえば、実はコップ(頭部)の作品の連作が有名です。


上の作品が、スイスのメルツバッハー・コレクション「ミスティック コップ-少女」です。

メルツバッハーコレクションには、ヤウレンスキーほか、カンディンスキー、ドラン、フリエス、ヴラマンク、ペヒシュタイン、キルヒナー、ヘッケル、マティスなどがあります。


「ミスティック コップmystischer_kopf」1917年ガルボのコレクションには、ヤウレンスキーの1915年~1918年の作品があったそうです。この時期には、ランドスケープのヴァリエーション、ミスティック コップが描かれています。

もしかしたら、1917年に描かれている、こちらの「ミスティック コップ」が、ガルボ コレクションだったのかな?なんて。

art⇔Interactive⇔lifeさんの記事から、コップのシリーズが、年代によって描かれていることがわかります。

舞踏会の仮面のような「コップ」もあれば、ミスティック 連作のように、チャーミングな「コップ」もあります。コップのシリーズ名には、メディテーションやアブストラクトなどがあるんですね。ミスティック コップとは、「神秘主義のヘッド」を指し、フェースではありません。

ちなみに、グレタ・ガルボ コレクションの宝石や絵画作品は、サザビーズが所有しているはず。宝石も気になりますね。

関連記事
アウグスト・マッケ 緑アウグスト・マッケ
パウル・クレー
アレクセイ・ヤウレンスキー
フランツ・マルクパウル・クレー 天使
カンディンスキーとミュンターマルク 「バーミリオン」
ワシリー・カンディンスキー(ヴァシリー・カンディンスキー)

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年1月15日 (月)

フランツ・マルク バーミリオン

Marc_zinnober フランツ・マルクといえば、青い馬、黄色いねずみなど、「動物」のモチーフを思い浮かべることでしょう。

この作品名は、ドイツ語で「Akte auf Zinnober」ですが、 Zinnoberは、バーミリオンという色のこと。Akteは、どうやら第~巻というファイルの意味を持つらしい。

邦題は「バーミリオン」でいいような感じですね。「朱」という色がタイトルテーマです。

描かれている女性の肌とバーミリオンの対比は、しなやかな丸みのある肢体を、浮き彫りにしています。1910年の完成ですから、カンディンスキーとともに年鑑「青騎士 DER BLAUE REITER」を発行する前年の作品。

マルクとともに、第一次世界大戦で戦死したアウグスト・マッケの美術館は、ライン地方にあります。アウグスト・マッケ・ハウスといわれ、マッケの住まいであり、仕事場であり、アトリエが残されています。そこに残る壁画「パラダイス」は、マルクとともに描かれた共同作品。そして、ミュンヘン郊外コッヘル( Kochel)に、マルクの家があります。現在はフランツ・マルク美術館

関連記事
アウグスト・マッケ
パウル・クレーアレクセイ・ヤウレンスキー
フランツ・マルクパウル・クレー 天使
カンディンスキーとミュンターアウグスト・マッケ 緑
ワシリー・カンディンスキー(ヴァシリー・カンディンスキー)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年1月13日 (土)

レオノール・フィニ 天使とスフィンクス

レオノール・フィニ 左がエンジェル、右がスフィンクスのイラリア(イレリア)

レオノール・フィニは、見目麗しい物の怪を、見事に作品化した女流画家。彼女の作品は、著作権がありますので、画像引用として掲載いたします。左がエンジェル、右がスフィンクスのイラリア(イレリア)です。

フィニは、舞台・映画美術も手がけ、千一夜物語の題材やO嬢の物語の挿絵、サドのジュリエット、ネルヴァルのオーレリア、ボードレールの悪の華(猫族)の挿絵など、文学とも非常に結びついている画家です。美とグロテスクさを共有しているのは、彼女自身の謎めいた性質が描かれているからでしょうか。


Leonor_fini_graphique_レオノール・フィニ グラフィック画像引用 Image Copyright
レオノール・フィニ グラフィック
全177ページ 162 カラー
ISBN: 1299859879

Schöne Liebe der Hexen.
Erotische Zeichnungen

by Leonor Fini Hardcover - 1971


守護者スフィンクス(1946年) や、宮崎県立美術館蔵の二つの頭蓋骨(1950年)には、シュルレアリスムを感じさせますが、彼女は、シュルレアリスムではなく、あくまでも「レオノール・フィニ」イズムです。よく言われるエロティシズムは、ちっとも感じない。芝居がかったものを感じるからです。

また、独特な幼児性。大きな蝶々をみつけて、キョトンとする大きな瞳。これは何?と、手で蝶を叩いてしまうような幼児性をもった女性。純真無垢な幼児性ではないということ。フィニは悪の華の挿絵を、スフィンクスに見立てた猫も描いてます。ボードレールは、猫族を、「もろもろの学と悦楽との友」としています。これは、フィニのよう。


Metamorphose_einer_frau_kafka_03 「女性のメタモルフォーゼ」
女性のメタモルフォーゼ 表
女性のメタモルフォーゼ 裏

かわいらしく描いた女性が表に4人。
気取った骸骨が裏に4体描かれています。

画像引用 Image Copyright
LEONOR FINI Catalog Book1988


注目されるのが好きで、まわりが何が好きか、どんなことに驚くかを見抜く才能。素晴らしい。それが作品化されていくので、情緒というものが見えない。情緒は見えないけれど、凄みは見えます。「どう?私って。どう?私の才能って。どう?私の生活って。」という、自己演出の凄み。

でも、「女性のメタモルフォーゼ」からは、もっと違うものが見えてくる。官能性でも、神秘でもない、謎。二面性の謎です。美徳と悪徳です。フィニの1950年作品に、「ラ ヴィ イデアル(アイディール)」(理想的生活)というのがありますが、彼女の理想的生活は、人ではなく、猫に豹。猫と豹は、まさに二面性の動物の対比。

澁澤龍彦氏は、カリスマ性をもつ巫女のように、日本に紹介しましたが・・・。作品によっては、フィニに対する個人的な感覚が覆させられてしまう。不思議な画家の不思議な作品。「福者フェリーヌの戴冠式」は人(精霊?)と猫のセレモニー。これはとってもロマンティック。「レオノール・フィニ ダムゼル」は、夜の姫君の猫を記事にしています。

リトグラフ 「FEMME LION」 フィニの作品
OriginalPrints 
La galerie Minsky - Leonor Fini
Weinstein Gallery(ワインスタイン ギャラリー)
Spaightwood Galleries 
(Fini: Sultanes and Magiciennes
Fini 2: Sphinxes / Fini: Paralellment
Fini 4: Portraits / Fini 5: Cats
Fini 6: Le Livre de Monelle)
画像 「FEMME LION」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年1月10日 (水)

カンディンスキー と ミュンター

カンディンスキーといえば、誰でも思い浮かべる「抽象画」です。カンディンスキーが後年、「抽象芸術」ではなく、「具体芸術」という表現をしていましたが、ここで紹介する作品は、初期の作品です。

また、カンディンスキー、ミュンターの場合には著作権が発生します。引用として掲載し、引用元を明記していますので、どうぞ今回は、こちらからの直接の画像引用は、ご遠慮くださいませね。

NHK世界美術館紀行〈9〉アルテ・ピナコテーク・オスロ国立美術館・レンバッハハウス美術館

NHK世界美術館紀行〈9〉
アルテ・ピナコテーク・オスロ国立美術館・レンバッハハウス美術館
画像引用:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p101、p104
引用要約:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p93~p97

レンバッハ美術館のカンディンスキーのコレクションは膨大です。ワシリー・カンディンスキー(ヴァシリー・カンディンスキー)と暮らし、私生活、芸術において支えあった女流画家、ガブリエーレ・ミュンター(1877-1962)からの寄付です。

画像引用:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p104カンディンスキーが夫人のアーニャと別居し、ミュンターと共に暮らすのは、1905年の頃。

そうして1914年まで、アルプス山麓にちかい「ムルナウ」での生活が始まります。「芸術家の集まる家」とよばれる所以は、フランツ・マルク、アレクセイ・ヤウレンスキー、アウグスト・マッケ、パウル・クレー。こうして、1911年に「Der Blaue Reiter 青騎士」が結成されます。
【引用要約:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p93~p97】

写真は、世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p.104から引用で、「ムルナウ」の一室です。土人形に、十字架を手にする絵は、民族的な生活や習慣を感じられますね。壁紙もカンディンスキーとミュンターが施したものでしょうか。この家は、二人の装飾が屋外、屋内ともに残っています。畑を耕したり、とってもLOHAS的な暮らしぶりですよ。

カンディンスキーの作品は、「強烈な色彩とファンタジー」ではありません。「鮮烈な色彩と、目にするものとは別の現実世界」なんですね。強くて激しいさまを色彩で表現しているわけではなく、あざやかで印象が強い色彩なのです。ファンタジーとは、空想、幻想、夢を意味しますが、カンディンスキーは、「一つの現実世界、具体的世界」と、強く述べています。ドラマティックなんですね。

それでは初期の作品を1点紹介します。

画像引用:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p101 「花嫁」1903年
花嫁 1903年 ワシリー・カンディンスキー
画像引用:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p101

初期の作品には、印象主義、ユーゲンシュテールなどで表現していますが、こちらは、ロシア民芸が顕著に現れています。ロシア正教会を望む一人の花嫁。ミュンターと出会った翌年の作品です。この作品から、どんな印象受けます?なんだか淋しげというのが私ですが、キリッとした横顔は、決意を表しているようにも見えますね。

初期の作品は、愛知県美術館のサイトでご覧いただけます。「夕暮れ」、「鏡」、「たのしき飛翔」、「バウハウス・マイスター版画作品集」がありました。

コレクション検索 
ヴァシリー・カンディンスキー (Vassily Kandinsky)
関連 記事 
アウグスト・マッケ
パウル・クレーパウル・クレー 天使
フランツ・マルクアレクセイ・ヤウレンスキー 
フランツ・マルク バーミリオンアウグスト・マッケ 緑
ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)

では、ミュンターの絵を一枚。

Kandinsky_03_kafka
ガラス絵 「聖ゲオルクのある静物」 1911年
画像引用:NHK世界美術館紀行〈9〉レンバッハハウス美術館 p104

さて、カンディンスキーの研究、書籍などから、見聞きすると、「音楽家は音楽(メロディー)で、画家は色彩」と提唱していますが、「色彩と自分は一体であり、色彩こそがすべて。」と言っているのはミュンターです。ミュンターに刺激され、カンディンスキーが、自由で鮮烈に描きはじめるようになるのは、1909年の頃なのでした。

それでは、ミュンターの作品を下記サイトからご覧くださいな。

Muntersizedright_kafka Meditation
Gabriele Munter 1917 Oil on Canvas
Stadtische Galerie im Lenbachhaus, Munich, Germany
Image Copyright © www.webslingerz.com


Still_life_with_porcelain_dog_1911_kafka_1Still Life with Porcelain Dog,

Gabriele Münter
1911 Oil on canvas
Image Copyright © www.sdmart.org


Black_mask_with_rose_by_gabriele_munterBlack Mask with Rose
Gabriele Munter 1912
Exhibited in New York (USA),
Hutton Galleries
Image Copyright © www.mystudios.com


Gabriele_munter_kafkaMetallblumen

Gabriele Munter
1933
Image Copyright © www.maulberger.de



Kandinsky_am_harmonium_01Kandinsky am Harmonium
Gabriele Münter 1907 
Farblinolschnitt
Image Copyright
© www.august-macke-haus.de


Burg_lauenstein_muenter_kafkaBurg Lauenstein
Gabriele Munter1926-27
Image Copyright
© www.sammlung-im-obersteg.ch

ミュンターとカンディンスキーの暮らした家、「ミュンターハウス(Munter-Haus)」は、まだそのまま残っています。

Munter-Haus
Öffnungszeiten:Di - So, 14.00 - 17.00 Uhr
Weitere Infos:Münter-Haus
Kottmüllerallee 6
82418 Murnau
Telefon: 0 88 41/62 88 80
Fax: 0 88 41/62 88 81
www.lenbachhaus.de/12_muent/set_muen.htm

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年1月 7日 (日)

葛飾北斎 花に 蝶に 小鳥

洋書 葛飾北斎 花画集より田中裕子さん、樋口可南子さんが出演した、映画 北斎漫画 。画狂人 北斎は緒形拳さんでした。

北斎は、全裸のお直と蛸を絡ませて、傑作「喜能会之故眞道(きのえこまつ)」の「蛸と海女」を、仕上げます。(春画っていうんでしょう?alei く~ん) 

映画 北斎漫画の、そのシーンは強烈でした。

蛸と海女の背景には、江戸文字で文章が書かれています。

江戸読本の翻訳はできませんが、かなり官能的だそうです。

廓で誠(遊女に尽くす男性)とも読める曲亭馬琴は、南総里見八犬伝(夢中になって読みましたねぇ。NHKも見ました!)の読本作者。

その馬琴の挿画が、北斎です。「新編水滸画伝」や「椿説弓張月」など、二人の名を不動にした作品です。「椿説弓張月」は、三島由紀夫作で歌舞伎が上演され、白縫姫を演じたのが、中村玉三郎さん。2002年にも演じているんですよね。

洋書 葛飾北斎 花画集より

洋書 葛飾北斎 花画集より

挿画や春画、奇想画だけではなく、ご存知のように、四十六点ある富嶽三十六景の浮世絵のほか、風景などのスケッチ(富嶽百景)、絵手本の北斎漫画がありますが、動植物、人物や風俗画、妖怪など、この15巻のスケッチ集に、収められています。今回アップしたのは、この北斎漫画の動植物ですが、洋書「葛飾北斎 花画集」から掲載しました。ちなみに、タトゥー(刺青)のデザインにも使われるそう。

洋書 葛飾北斎 花画集より「 73歳でやっと生き物の骨格や草木の生まれを知った。80歳になればますます腕は上達し、90歳で奥義を極め、100歳で神技となる。」という北斎は、神技とならずして、奥義を極め、ちょうど90で亡くなっています。

「ひと魂で ゆく気散じや 夏の原」
青白い火の玉となり、夏野原へでかけ浮遊するとしよう。

この辞世の句に、映画では、娘のお栄がこう呟きます。

「死ぬときゃ 誰でも 体裁 いいこと 言うもんだ 」

葛飾北斎 関連記事
葛飾北斎 不動明王
北斎館 東町祭屋台 龍/鳳凰図、上町祭屋台天井絵 男浪/女浪図
葛飾北斎「唐獅子図」1844年(84歳)
「雪中虎図」(北斎 九十歳の 肉筆画)
北斎 鳳凰図屏風 1835年(75歳) 全体像 (921×138)
葛飾北斎 龍図 ギメ、フリーア美術館の龍図
葛飾北斎 雷神図 サックラー・ギャラリー所蔵雷神図、小布施 岩松院 「八方睨みの鳳凰図」など。

blog「PE2プレイ記録ほか」さん トラックバックありがとうございます!これはスゴイ!見るべし!

「蛸と海女」の資料追加 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年 椿 椿山

椿椿山 「玉堂富貴・遊蝶・藻魚図」 1840年

椿椿山 「玉堂富貴・遊蝶・藻魚図」 1840年
泉屋博古館蔵

あけましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »