« カンディンスキー と ミュンター | トップページ | フランツ・マルク バーミリオン »

2007年1月13日 (土)

レオノール・フィニ 天使とスフィンクス

レオノール・フィニ 左がエンジェル、右がスフィンクスのイラリア(イレリア)

レオノール・フィニは、見目麗しい物の怪を、見事に作品化した女流画家。彼女の作品は、著作権がありますので、画像引用として掲載いたします。左がエンジェル、右がスフィンクスのイラリア(イレリア)です。

フィニは、舞台・映画美術も手がけ、千一夜物語の題材やO嬢の物語の挿絵、サドのジュリエット、ネルヴァルのオーレリア、ボードレールの悪の華(猫族)の挿絵など、文学とも非常に結びついている画家です。美とグロテスクさを共有しているのは、彼女自身の謎めいた性質が描かれているからでしょうか。


Leonor_fini_graphique_レオノール・フィニ グラフィック画像引用 Image Copyright
レオノール・フィニ グラフィック
全177ページ 162 カラー
ISBN: 1299859879

Schöne Liebe der Hexen.
Erotische Zeichnungen

by Leonor Fini Hardcover - 1971


守護者スフィンクス(1946年) や、宮崎県立美術館蔵の二つの頭蓋骨(1950年)には、シュルレアリスムを感じさせますが、彼女は、シュルレアリスムではなく、あくまでも「レオノール・フィニ」イズムです。よく言われるエロティシズムは、ちっとも感じない。芝居がかったものを感じるからです。

また、独特な幼児性。大きな蝶々をみつけて、キョトンとする大きな瞳。これは何?と、手で蝶を叩いてしまうような幼児性をもった女性。純真無垢な幼児性ではないということ。フィニは悪の華の挿絵を、スフィンクスに見立てた猫も描いてます。ボードレールは、猫族を、「もろもろの学と悦楽との友」としています。これは、フィニのよう。


Metamorphose_einer_frau_kafka_03 「女性のメタモルフォーゼ」
女性のメタモルフォーゼ 表
女性のメタモルフォーゼ 裏

かわいらしく描いた女性が表に4人。
気取った骸骨が裏に4体描かれています。

画像引用 Image Copyright
LEONOR FINI Catalog Book1988


注目されるのが好きで、まわりが何が好きか、どんなことに驚くかを見抜く才能。素晴らしい。それが作品化されていくので、情緒というものが見えない。情緒は見えないけれど、凄みは見えます。「どう?私って。どう?私の才能って。どう?私の生活って。」という、自己演出の凄み。

でも、「女性のメタモルフォーゼ」からは、もっと違うものが見えてくる。官能性でも、神秘でもない、謎。二面性の謎です。美徳と悪徳です。フィニの1950年作品に、「ラ ヴィ イデアル(アイディール)」(理想的生活)というのがありますが、彼女の理想的生活は、人ではなく、猫に豹。猫と豹は、まさに二面性の動物の対比。

澁澤龍彦氏は、カリスマ性をもつ巫女のように、日本に紹介しましたが・・・。作品によっては、フィニに対する個人的な感覚が覆させられてしまう。不思議な画家の不思議な作品。「福者フェリーヌの戴冠式」は人(精霊?)と猫のセレモニー。これはとってもロマンティック。「レオノール・フィニ ダムゼル」は、夜の姫君の猫を記事にしています。

リトグラフ 「FEMME LION」 フィニの作品
OriginalPrints 
La galerie Minsky - Leonor Fini
Weinstein Gallery(ワインスタイン ギャラリー)
Spaightwood Galleries 
(Fini: Sultanes and Magiciennes
Fini 2: Sphinxes / Fini: Paralellment
Fini 4: Portraits / Fini 5: Cats
Fini 6: Le Livre de Monelle)
画像 「FEMME LION」

|

« カンディンスキー と ミュンター | トップページ | フランツ・マルク バーミリオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4875565

この記事へのトラックバック一覧です: レオノール・フィニ 天使とスフィンクス:

» レオノール・フィニ 女性のメタモルフォーゼ [Life Carrer Counseling]
「女性のメタモルフォーゼ」【表】画像引用:(c) LEONOR FINI Catalog Book1988 フィニを語るとき、幻想的、官能的という表現が目につきます。フィニ自身も、「存在しないもの、そして私が見たいものを描く」と言っています。でも、、ちっとも彼女からは....... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 00時10分

» レオノール・フィニ 女性のメタモルフォーゼ 美しき怪物 〜ブログ書初め [ arekao! Maki's Style blog]
寒中見舞い申し上げます。さ〜て、今年のブログ書初めとなりました。 私は、いつも新年に、甘い夢は描かないんだよね。もちろん辛い夢なんかも描かないけど、理想ばかりを計画しないってことなんですよ。 レオノール・フィニは、そういう表裏を、雄々しく作品にしちゃう画家。(結構ね、自己陶酔が好きな女性だと思うけどね。) まぁ、ちょっと新しい年に、厳しく深く見つめるという意味で、彼女の�... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 00時49分

» レオナール・フィニ  レパード 〜 豹〜 [Allegory]
19世紀フランスの曲芸師ジ ュール・レオタール(Jules Léotard 1842-70)が、華麗な空中曲芸に身につけたレオタードという衣装。バレエのレッスンなどにも着用するものですが、レオナール・フィニは、まさに絵画のサーカス「ヌーヴォー・シルク」のような軽業師。エドゥアール・ドガのバレエのレッスンに登場する、コルセットにガードル、モスリンのスカートのような優美さは、見当たりません。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 17時26分

» レオノール・フィニ  精霊 [Life Style Concierge]
直訳すると、至極至幸なネコ科の動物の戴冠式なんですよ。(笑) 邦題は「福者フェリーヌの戴冠式」です。レオノール・フィニの1974年の作品です。 フィニは著作権がありますので、画像引用の書籍、要約した書籍などをご紹介しつつ、フィニについて、個人的な視点での鑑賞を徒然に。 この作品はセレモニー・ピリオドという作品のカテゴリー。 優美というのは、品性をともなう、おだやかな美しさのこと。エレガントといいますね。フィニの作品を優美というのは、私は何かずれている気がする。マジカルで、華々しいフィニ... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 00時07分

» レオノール・フィニ  ダムゼル [Art de Vivre]
「ダムゼル・オブ・ザ・ナイト(夜の姫君)」 1948年 「夜の姫君」のほか、「夜の乙女」、「夜の美少女」などとも訳せます。ダムゼル・イン・ディストレスで、囚われの姫君、乙女の受難と言われますね。ダムゼルとは、高貴な少女をさしますが、ここは猫ちゃんです。人格として猫をみていたフィニ。 レオノール・フィニ(1907〜1996年)は、ジャン・ジュネ、アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグをはじめ、ミ�... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 00時51分

» レオナール・フィニ  レパード 〜 豹〜なイデアルライフ [allegory by wanko]
19世紀フランスの曲芸師ジ ュール・レオタール(Jules Lotard 1842-70)が、華麗な空中曲芸に身につけたレオタードという衣装。バレエのレッスンなどにも着用するものですが、レオナール・フィニは、まさに絵画のサーカス「ヌーヴォー・シルク」のような軽業師。 エドゥアール・ドガのバレエのレッスンに登場する、コルセットにガードル、モスリンのスカートのような優美さは、見当たりません。 彼女は、ずいぶんとエロスと結び付けられています。 性を越えたものを描いているは... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 22時12分

« カンディンスキー と ミュンター | トップページ | フランツ・マルク バーミリオン »