« ギュスターヴ・モロー | トップページ | アンリ・ファンタン=ラトゥール 菫 »

2007年2月 3日 (土)

クリスティーヌ・フェルベール

サロン・ド・ショコラ  メゾン・フェルベール Christine Ferber&Guy Untereiner サロン・ド・ショコラ 2007 が、日本で開催中。東京が終わり、京都や札幌と巡回します。

コンフィチュールの妖精といわれるクリスティーヌ・フェルベールは、友人でアーティストでもあるギー・ウンタライネ氏の絵画とコラボレーションのブース。

「果実は色彩」と語るクリスティーヌ・フェルベールは、キャラメルガナッシュに果実をミックスさせたチョコレートで表現しました。

クリスティーヌ・フェルベールは、ご存知のようにショコラティエではありません。彼女は、ジャムのコンフィチュールの女王。

Confitureメゾン・フェルベールの店内には、パン、お菓子、お惣菜、野菜、チーズ、乳製品、ワイン、ポストカードなどなど。陶器の絵付けや雑貨のデザインまでも手がけて、食器から帽子までも並んでいるようですよ。(聞いたところによると)

さらに、あのルイス・キャロルの不思議の国のアリスを題材にしたお菓子の本を、なんとモードのデザイナーのフィリップ・モデルが監修し、クリスティーヌ・フェルベールのレシピ本、「Délicieuses recettes au pays d'Alice 」が出版されています。

この本には、ワインやお料理の本、パティシエ ピエール・エルメのデザート本などでもお馴染みの、ベルンハルト・ヴィンケルマンが、写真を担当しています。文学とモードとコンフィチュールの合作。

Dlicieuses_recettes_au_pays_dalice_2

この二冊ともが、クリスティーヌ・フェルベール、フィリップ・モデル、ベルンハルト・ウィルヘルムの三人の「Délicieuses recettes au pays d'Alice 」です。おいしい国のアリスなんてどうでしょう。右は、この三人に加え、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」で有名な、ジョン・テニエルの挿絵も。すごいでしょ。ジョン・テニエルは、また後日。

「Délicieuses recettes au pays d'Alice 」

メゾン・フェルベールは、ブーランジェリー(パン屋さん)で、そこで彼女はコンフィチュールつくりをしているわけなんですね。ジャムといっても、コンフィチュール、ミ・コンフィ、コンポートといろいろあり、区別しています。ですからフェルベールは、ジャムではなく、あくまでも「コンフィチュール」なんです。

Christine_ferber_150

Maison Ferber
18 rue Trois Epis, 68230
Niedermorschwihr (ニーデルモルシュウ゛ィル)
Tél : 03 89 27 05 69

小さなジャムの家
クリスティーヌ・フェルベール (著)

このメゾン・フェルベールは、サロン・ド・ショコラでコラボレートしたギー・ウンタライネ氏が、店内装飾も手がけているといいます。ギー・ウンタライネ氏は、シモーヌ・シーベルトの「小さなケーキ ブレデルとアルザスのスィーツ」など、お料理やお菓子の本のイラストから、フランス ポルニックの陶器の絵付けなども手がけています。

サロン・ド・ショコラで、クリスティーヌ・フェルベールのレシピ&ギー・ウンタライネのイラストの本、「アルザスのごちそうレシピのための季節のコンフィチュール(Confitures de saison pour recette gournandes d'Alsace)」が、限定20冊(8,400円)で販売されているようです。

Ferber、 Huguette Dreikaus、Guy Untereiner Img_ferber_kafka

右が「アルザスのごちそうレシピのための季節のコンフィチュール」で、左は、「ミスチバス ヒストリー&ルシアス リターン(悪戯な歴史と甘く美しいものへの回帰)」という本で、ユゲット ドライカウス(たくさん本を出版されていますが、何者かはわかりません。)、そしてクリスティーヌ・フェルベールに、イラストがギー・ウンタライネです。

ギー・ウンタライネは、民族的な風俗画やカントリースタイルを描き、童話の挿絵のようなイラストが多いです。

Gu20_1

ギー・ウンタライネ氏の小さなビスケットというタイトルの絵。コンフィチュールというタイトルの作品には、メゾン・フェルベールのコンフィチュールの瓶が、しっかり描かれていました。

|

« ギュスターヴ・モロー | トップページ | アンリ・ファンタン=ラトゥール 菫 »

コメント

おいしい国のアリス…
またここでもジョン・テニエルに遭遇!

何気なく記事を読んでいて上2枚の右側の
絵が気になって立ち止まったら…

何かしらの運命を感じます^^

しかし、食=芸術だなぁ
と改めて思いました。

やはり食は
人間の一番根っこのところにあるものだから、
食のアートは必然的に
人間の心をくすぐるのかもしれませんね!

投稿: der gift-pilz | 2010年4月 5日 (月) 09時34分

こんにちは。

絵とか、詩とか、夢とか、偶然に出会ったものとか、自分でハッとしたものって、ぜんぶ運命を感じちゃいますよね。

ジョン・テニエルにも反応してくださって。

>上2枚の右側の絵が気になって

好きなものって、本当にわずかな欠片でも見落とさないものなんですね!感心しました。

食の文化、それも芸術ですね。でも自然にお腹が空いちゃう欲求の満足を求めちゃうわたしです。(笑)

投稿: kafka | 2010年4月13日 (火) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/5197106

この記事へのトラックバック一覧です: クリスティーヌ・フェルベール:

« ギュスターヴ・モロー | トップページ | アンリ・ファンタン=ラトゥール 菫 »