« ポール・ゴーギャン 月と六ペンス | トップページ | アウトレット ステファネル で みつけたもの »

2007年4月 4日 (水)

モーリス・ドニ ドニの中のドニ by KAFKA

モーリス・ドニ美術館 (ル・プリウレ美術館) (C) Musee departemental Maurice Denis-le Prieureナビ派のモーリス・ドニ。ここはもと修道院で、ドニのお屋敷でもありました。こ~んな素敵なところに住んでいたとは。

画像引用
モーリス・ドニ美術館 (ル・プリウレ美術館)
(C) Musee departemental Maurice Denis-le Prieure

2 bis, rue Maurice Denis - BP 5251
78175 - SAINT-GERMAIN-EN-LAYE Cedex

参考サイト:MMF マダム・ド・モンタランベールのミュゼ訪問

mariちゃんの記事にもありましたが、とても優しげな作品なので、「宗教画」としての認知をしていなかったとありますが、プリミティブな表現が、ドニの色彩によって、とってもファンタスティックな作品に見えるんです。

本当の作品から、色の配色をまざまざとみせつけられ、凄さを実感しました。

Symbolistes_et_nabismaurice_denis_et_son Symbolistes et Nabis MAURICE DENIS et son Temps

この表紙は、たぶん「六月の春」というタイトルだと思われます。

ロダンの彫刻には、同じタイトルのものがありますが、「永遠なる青春」とありました。

実は、この本は、まだ読んでいないのです。ですから詳しい解説は、解り次第追記していこうと思っています。

ポール・ゴーギャンの影響を受け、ルドンを我らのマラメルと呼ぶ、ナビ派は、ドニをはじめ、ピエール・ボナール 、エドゥアール・ヴュイヤール 、ポール・セリュジエ 、ポール・ランソン 、フェリックス・ヴァロットン 、ケル・グザヴィエ・ルーセル 、アリステッド・マイヨールらが活躍しました。

セザンヌ礼賛
こちらから、ナビ派の集団肖像画をみることができます。

セザンヌ礼賛のような作品から、プリミティブ風、前衛的、そしてファンタスティックな作品と、色彩の魔術師のドニの作品は、ナビの意 「預言者」のように、作品から信託を受けるようです。


永遠なる春 モーリス・ドニ美術館所蔵


永遠なる春 モーリス・ドニ美術館所蔵

この2枚、「永遠なる春」としましたが、実際のそれぞれのタイトルはわかりません。ただ、「永遠」ということを、いろんな角度から描いているようです。左の作品の生者の下には、死者がいるようですね。何か寓意的なものを感じます。


6月の春 モーリス・ドニ美術館所蔵


6月の春 モーリス・ドニ美術館所蔵

モーリス・ドニの作品に、「春」というタイトルは多いですね。あと「4月」とか。あの作品は、見ようによっては、秋にも見えますね。さて、この3枚は、1908年頃かと思われるのですが、一応 「?」 ということで。

ルネサンスの影響は、信仰のあついドニも影響を受けて、「受胎告知」も作品化しています。また、日本美術の影響も受けたとありました。


Vue_prise_de_fiesole_temps_froid_1907__c


寒入りのフィエーゾレの景色 1907年 個人所蔵

モーリス・ドニ 関連記事
*天国
*ピエタ
*バッカス祭
*セザンヌ礼賛 セザンヌの「果物鉢のある静物」、ドニの模写なども。
*エマオの晩餐
*受胎告知/壁画
*庭園を行く少女たち
*塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから
*アムール表紙/木の葉の階段
*無題 水彩リトグラフ/春景色
*アモール 12色石版画/木の葉の階段
*ゴーギャンの黄色いキリスト ドニの黄色いキリスト
*ドニ ポートレート/アムール リトグラフ/ 他リトグラフ
*モーリス・ドニ クピドとプシュケの物語 七つの作品
*習作 春の森/"Trestrignel"海岸の浜辺/緑の木/オルフェスとエウリュディケ(エウリディーチェ)
*ピロウとシンボルウス/デペシュトワ - トゥールーズ/エンジェル/マダム・ランソンと猫/春の森林/イースター・ミステリー

http://magnummasse.blogtribe.org/


Denis_300

|

« ポール・ゴーギャン 月と六ペンス | トップページ | アウトレット ステファネル で みつけたもの »

コメント

私のなかに、ドニというのはムンクをオーガニックにした感じ、というような観点があったのですが、どうもその見方は偏向していたようです。
色々と図案を見せていただいて、思っていた以上にドニっていいなと思いました。
遅ればせながら、今後注目してみます。

投稿: とーし | 2007年4月 6日 (金) 20時16分

とーしさん
ご無沙汰でした。お返事遅れてごめんなさい・・・。

>ムンクをオーガニック

もう、とーしさんらしい表現ですね!

ムンクの作品で、木立に白い服を着た女性が、(あれタイトルなんだっけ?)思いだしました。

ムンクと結びつかなかった私ですが、とーしさんの一言で、ふっとその絵が浮かびました。

投稿: kafka | 2007年5月24日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/5951727

この記事へのトラックバック一覧です: モーリス・ドニ ドニの中のドニ by KAFKA:

» モーリス・ドニ リトグラフ [RE+nessance]
モーリス・ドニといえば、色彩と平面。 僕は、この色彩を取り払った、あるいは抑えたドニに注目した。 ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館所蔵の「テンダネス(優しさ)」だ。1893年の作品。 ドニの版画にはあまり詳しくないので、これが何かの挿画なのかもわからない。 ただ、版画集「アムール」には、何点か好きな作品がある。 Mariさんがアップした記事で、「無題」になっているのは、やはりアムールの1枚。タイトルを調べてみたら、「Les crepuscules ont une do... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 00時13分

» モーリス・ドニ 3枚の受胎告知 [remove]
「(フィエーゾレの) 受胎告知」 サン・フランチェスコ教会があるフィエーゾレ(地名)。なんとも影は色、そして眩しい光。この人こそ、実際を見ないとね。印象が違うな。最近になって、この人凄いと思ってます。(笑) 付録 「聖オディール カソリック教会の壁画」 ラプトロワ(オー=ラン 旧アルザス地方) Sainte-Odile Patronne ed l'Alsace Priez Povr Novs と記されている。 この右手前の四人組が気になるのだ。もし何かわかれば、追記する... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 00時13分

» モーリス・ドニ 〜 ドニの中のドニ by 楓 〜 [Life Style Concierge]
ドニ初心者だという mari ちゃんが、「ドニの中のドニ」なんて、澁澤龍彦氏のようなタイトル記事で、とってもやさしい風合いの作品をアップしました。 それで、楓のドニの中のドニは、アモール(アムール)の表紙です。最後に素人解説しますね。 ドニの作品をアップするのは、難しいね、ホント。 MAKIちゃんが、ゴーギャンのコメントに、こんなメッセージを入れていました。 ゴーギャンって、凄い色使いをしてたと思うんだよね。だから、下手な印刷物やポストカードからは、すっごい野暮ったくなったりするじゃ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 00時16分

» モーリス・ドニ バッカス祭 [REMOVE]
モーリス・ドニ 「バッカス祭」 1920年 石橋財団ブリヂストン美術館 フルサイズ でどうぞ。 ディオニュソス(ディオニソス)神話のディオニュソスは、ご存知のようにバッコス(バッカス)のことだ。ゼウス(ジュピター あるいはユピテル)とセメレの子。... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 13時25分

» モーリス・ドニ [Magnum masse]
モーリス・ドニ 「ピロウとシンボルウス」 1900-1903年  ギャラリー ベレス 所有 left「デペシュトワ−トゥールーズ」 ポスター習作 「急いで!トゥールーズに?」  ギャラリー ベレス 所有 「エンジェル」 年代不詳 ブラウアー美術館所蔵(バルパライソ大学センター) 「マダム・ランソンと猫」 1892年 モーリス・ドニ美術館 (ル・プリウレ美術館) ポール・ランソンの夫人だろう。 左が「春の森林」年代、所蔵不詳  ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 18時52分

» モーリス・ドニ  ピエタ [Magnum Photos Photographer ]
モーリス・ドニ ピエタ 1919年 個人所蔵 十字架から下ろされたキリスト。 そのキリストを抱く聖母マリア。 イタリアでは「ピエタ」っていうでしょう。 ドイツの本(雑誌)から見つけた1枚で、タイトルが書かれていない。「キリストの死」→「十字架降下」→...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 23時11分

» モーリス・ドニ 庭園を行く少女たち [Noblesse Oblige]
モーリス・ドニ 関連記事 *ピエタ *バッカス祭 *受胎告知/壁画 *セザンヌ 礼賛 *モーリス・ドニ 天国 *永遠なる春/六月の春 *アムール表紙/木の葉の階段 *無題 水彩リトグラフ/春景色 *ドニ ポートレート/アムール リトグラフ/ 他リトグラフ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 23時42分

» ゴーギャンの黄色いキリスト ドニの黄色いキリスト [ComicStrip]
黄色いキリストといえば、ゴーギャンが有名だけれど、黄色いキリストの作品はある。黄色いキリストのある教会もある。 そしてモーリス・ドニの作品にも。 直訳で「カルバリでの奉献」(1890年)で、個人所蔵の作品。ゴーギャンは、オルブライト=ノックス美術館所...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 00時51分

» エマオの晩餐 [Stylish-Club]
画像のアップロードで、「画像を文字の横幅にあわせる」という機能が増えました。ど [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 19時06分

» モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから [XAI]
モーリス・ドニ 塔の花嫁 1894年 Galerie Daniel Malingue ジャン・コクトーの「エッフェル塔の花嫁花婿 Les Maris de La Tour Eiffel」(1924年刊)ってある。1921年の習作と、1940年頃のデッサンもあるね。 モーリス・ドニのこの作品も、「塔の花嫁」という。こち... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 23時05分

» モーリス・ドニ ~ドニの中のドニ [mari-note]
モーリス・ドニ  無題 1898年 水彩リトグラフ モーリス・ドニ 春景色(神 [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 00時14分

» モーリス・ドニ 天国 [BLUE MOON]
モーリス・ドニ 天国 1912年 オルセー美術館所蔵Sai さんの「セザンヌ礼賛 [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 08時48分

» モーリス・ドニ 集団肖像画 「セザンヌ礼賛」 [Die Verwandlung]
以前の記事で、オルセー美術館所蔵に、 フレデリック・バジールの「[url=http://www.actiblog.com/renaissance/24226]バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り[/url]」を紹介した。バジールと交流のある画家 アン...... [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 10時17分

« ポール・ゴーギャン 月と六ペンス | トップページ | アウトレット ステファネル で みつけたもの »