« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月 5日 (月)

ホ・オポノポノ

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方 ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方

ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)はもうみなさんご存知の呪文。でもKAFKAは今日はじめて知りました。

今日は99%癒されて、残りの1%はまだ浄化されていないのです。

1%の浄化をオーラソーマの K 先生のカウンセリングに託しました。教えてもらったのが「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」の4つの言葉。

ホ・オポノポノ奇蹟の原点 カフナの秘法 (超★スピ) ホ・オポノポノ奇蹟の原点 カフナの秘法 (超★スピ)

著者:マックス・F・ロング
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「頭の知恵と心の知恵が手をつなぎあっているのがいい。心にホ・オポノポノで問いかけてみるといいかも」と言われて寝る前に「4つの言葉」を唱えてみます。

本はヒューレン著のものを見せてもらいましたが、マックス・F・ロングという人の本もあるようです。

わたしの1%の浄化は99%の自努力が必要みたい。

arei が 「落日の寓意画」で、この原理の説明をしています。あぁ~、わたしのモチベーション低下やボケぶりもネタにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 4日 (日)

茨木 のり子 詩集

倚りかからず (ちくま文庫) レビューの何かが消えちゃいました・・・。

著者:茨木 のり子

倚りかからず (ちくま文庫)

人ってある時期には自信に溢れて人の話が耳に入らない。

なんて時代もありませんでしたか?いつも初心にもどるきっかけになる。

茨木のり子詩集 (現代詩文庫 第 1期20) もおすすめです。

買ったきっかけ:
3年前、大学に入学した息子の教科書を整理していたら、なんとなく「現代国語」を読んでみたくなりました。そこに茨木のり子さんの詩が。

感想:
読んでくださればきっとわかる。「震える弱いアンテナが」は私のバイブル。

おすすめポイント:
厳しいと感じていただけたら嬉しい。優しいと感じたらきっと苦いくて良い体験をしてきたのでしょう。人が変わるのは難しいけれどこの詩集が助けてくれると思います。

「汲む Y・Y に」

大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい発音の正確な
素敵なひとと会いました
そのひとは私の背のびを
みすかしたようになにげない話にいいました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 
堕ちてゆくのを隠そうとしても 
隠せなくなった人を何人も見ました
私はどきんとしそして深く悟りました

大人になってどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる失語症 
なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな

年老いても咲きたての薔薇 
柔らかく外にむかってひらかれるこそ難しい

あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている 
きっと わたくしもかつての
あの人と同じくらいの年になりました
たちかえり今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです

茨木のり子詩集 (現代詩文庫 第 1期20)

この詩は働くわたしのバイブルです。

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »