« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月 1日 (火)

不思議の国のアリス 第6章

アニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)
(c)www.style.com/Vogue
チェシャ猫 (The Cheshire Cat)


写真家アニー・リーボヴィッツのアリスはVogue2003年12月号の特集です。

チェシャ猫はご存知のとおり、「にやにや笑う」猫。ここではジャン=ポール・ゴルチェ(Jean-Paul Gaultier)がGAULTIER PARISのシルクの青いドレスを着たアリスとやりとりをしているところ。

たぶん、ゴルチェはディズニーのチェシャ猫をイメージしてボーダー柄を選んだようです。

このシーンは不思議の国のアリス第6章の「ブタとコショウ」の場面です。


Alice in_wonderland cheshire cat
(c)Relaxnews/Walt Disney Pictures


こちらはティム・バートンの「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫。

ちょうど、ブタのおちびさんを下に降ろして、おちびさんが森に駆け込んでいった後の出会いです。

猫はアリスをみて「にんまり笑ったっきり」で、気立てはよさそうだけれど、爪はながーく伸びている。そしてむき出しの歯。ここは丁寧にお相手するのにこしたことはない、と考えます。

“Would you tell me, please, which way I ought to go from here?”

“ That depends a good deal on where you want to get to,”

「どうぞ、どの道を行けばよいのかを、わたくしに教えてくださいませ。」

「それはどこに行きたいか。そこが問題だ。」

(意訳:KAFKA シェークスピア風にしてみました。)


Chesire cat alice

1865初版
挿画はジョン・テニエル(Sir John Tenniel)


実は、sai とaleiは大学1年のときに原書がテキストだったらしいんですね。やたら詳しい。

私は当時バーネットの「秘密の花園」でした。

ちょっと、アリスのCHAPTER VI - Pig and Pepper を皆さんとのぞいて見ましょう。(意訳:KAFKA)

Adventures in Wonderland
アリス 第5章 イモムシの助言 兎穴さんの記事です。

For a minute or two she stood looking at the house, and wondering what to do next, when suddenly a footman in livery came running out of the wood--(she considered him to be a footman because he was in livery: otherwise, judging by his face only, she would have called him a fish)--and rapped loudly at the door with his knuckles.

アリスはちらりとお家を眺め、「さぁ、どうしたものかしら」と立ち止まる。

そこへ森からとびだしてきた、お仕着せ姿の一人の従僕。

(もしもお仕着せ姿でないのなら、魚と思ったことでしょう。)

その従僕は、ドアをやかましく叩いてる。


Pig and pepper

挿画 Bessie Pease Gutmann, 1907

It was opened by another footman in livery, with a round face, and large eyes like a frog; and both footmen, Alice noticed, had powdered hair that curled all over their heads. She felt very curious to know what it was all about, and crept a little way out of the wood to listen.

扉を開けたのは、その家のお仕着せ姿の従僕で、蛙のような大きな目!

二人はカールした鬘をかぶり、粉分をふりかけ、まるで17世紀の廷臣のよう。

アリスは木の陰から、こっそり聞き耳をたてました。

The Fish-Footman began by producing from under his arm a great letter, nearly as large as himself, and this he handed over to the other, saying, in a solemn tone, `For the Duchess. An invitation from the Queen to play croquet.' The Frog-Footman repeated, in the same solemn tone, only changing the order of the words a little, `From the Queen. An invitation for the Duchess to play croquet.'

魚のフィッシュ従僕は、厳粛に大きな大きな書状を差し出すと、うやうやしくもこう述べます。

「公爵夫人へ。女王陛下よりクロッケー試合の招待状でございます。」

蛙のケロッグ従僕は、

「女王陛下から。公爵夫人へクロッケー試合の招待状でございます。」

女王陛下と侯爵夫人を変えただけ。おなじように繰り返します。

Then they both bowed low, and their curls got entangled together.

二人は揃って深くお辞儀をしたとたん、鬘のカールが絡みあいました。


挿画 A.E. Jackson, 1915

Alice laughed so much at this, that she had to run back into the wood for fear of their hearing her; and when she next peeped out the Fish-Footman was gone, and the other was sitting on the ground near the door, staring stupidly up into the sky.

アリスは思わず吹き出しそうになり、笑い声が聞こえないよう森にあわてて駆け込みます。そうしてこっそり振り向くとフィッシュ従僕の姿は見えず、ケロッグ従僕がぼんやり空をみるように座り込んでいるのです。

Alice went timidly up to the door, and knocked.

アリスはおそるおそる扉に近づきノックをします。

`There's no sort of use in knocking,' said the Footman, `and that for two reasons. First, because I'm on the same side of the door as you are; secondly, because they're making such a noise inside, no one could possibly hear you.' And certainly there was a most extraordinary noise going on within--a constant howling and sneezing, and every now and then a great crash, as if a dish or kettle had been broken to pieces.

`Please, then,' said Alice, `how am I to get in?'

「ノックはご無用。」とケロッグ従僕。

「そのわけ二つ。ひとつは僕が扉の外にいること。ふたつに中じゃ大騒ぎ。とてもノックは聞こえやしない。」

たしかにひどい音がする。ひっきりなしに泣きわめくような声と、くしゃみ。その合間にお皿かやかんが砕け散る大きな音。

「それじゃぁね。」とアリス。「どうしたらなかに入れるのかしら。」

`There might be some sense in your knocking,' the Footman went on without attending to her, `if we had the door between us. For instance, if you were INSIDE, you might knock, and I could let you out, you know.' He was looking up into the sky all the time he was speaking, and this Alice thought decidedly uncivil. `But perhaps he can't help it,' she said to herself; `his eyes are so VERY nearly at the top of his head. But at any rate he might answer questions.--How am I to get in?' she repeated, aloud.

`I shall sit here,' the Footman remarked, `till tomorrow--'

「ノックに意味がないわけじゃないが。」

アリスの言うことには耳も貸さず、目もくれずに理屈を述べるケロッグ従僕。

「たとえば僕らの間にドアがある。君が中でノックをするなら、ここにいる僕は君を外に出すことができるのさ。」

アリスを無視して空を見ながら勝手に話す従僕。失礼千万ね、とアリスは憮然。

「でも、まぁ空しかみえないわけね。あんな頭のてっぺんに目があるんだもの。」とひとりごと。

でも聞きたいことには答えてほしいところ。

「どうしたらなかに入れるのかしら。」と声を張り上げるアリス。

「べつに。明日まで座っているだけさ。」


挿画 Gwynedd M. Hudson, 1922

At this moment the door of the house opened, and a large plate came skimming out, straight at the Footman's head: it just grazed his nose, and broke to pieces against one of the trees behind him.

`--or next day, maybe,' the Footman continued in the same tone, exactly as if nothing had happened.

`How am I to get in?' asked Alice again, in a louder tone.

`ARE you to get in at all?' said the Footman. `That's the first question, you know.'

まさにこの時、扉が開きました。

同時にお皿が従僕の頭をめがけ飛んできた!

鼻をかすっただけですんだけど、うしろの木は粉々。いえ、お皿が粉々。

「あさってまでにするさ。」と従僕。なにもおこらなかったように。

「だから、どうしたら中に入れるのかしら。」とアリスは喚く!

「君、入る権利があるわけ?」と従僕。

「まず、それを聞かないことにはね。」


A.E. Jackson, 1915

It was, no doubt: only Alice did not like to be told so. `It's really dreadful,' she muttered to herself, `the way all the creatures argue. It's enough to drive one crazy!'

The Footman seemed to think this a good opportunity for repeating his remark, with variations. `I shall sit here,' he said, `on and off, for days and days.'

`But what am I to do?' said Alice.

`Anything you like' said the Footman, and began whistling.

`Oh, there's no use in talking to him,' said Alice desperately: `he's perfectly idiotic!' And she opened the door and went in.

そうなんですけど、あからさまに聞かれたくない。

「本当にひどいじゃない。」とひとり言。

「ここの生き物たちの屁理屈には困ったものだわ。あたまが変になってくる。」

アリスが黙っているのを幸いに、従僕はまた言葉を変えて、繰り返す。

「わたしはここに座るだけ。時々休んで何日も。」

「私はどうするの?」とアリス。

「お好きなように。」と口笛まで吹く。

「この人と話すのは無駄ね。」と吐き捨てて、「まさにイカレタ奴だわ!」とドアをあけて、さっさと中にはいりました。


Sir John Tenniel - 1865

The door led right into a large kitchen, which was full of smoke from one end to the other: the Duchess was sitting on a three-legged stool in the middle, nursing a baby; the cook was leaning over the fire, stirring a large cauldron which seemed to be full of soup. 

`There's certainly too much pepper in that soup!' Alice said to herself, as well as she could for sneezing.

There was certainly too much of it in the air. Even the Duchess sneezed occasionally; and as for the baby, it was sneezing and howling alternately without a moment's pause. The only things in the kitchen that did not sneeze, were the cook, and a large cat which was sitting on the hearth and grinning from ear to ear

.

Quentin_massys

うえのテニエルの公爵夫人のモデル
「醜い老婆(醜い公爵夫人)」1525-30
この肖像画は普通は反対向き→向きです。

モデルのマルガレーテ(マウルタッシュ)は最後に。

by クエンティン・マセイス. Quentin Massys


ドアをあけると右手には広い大きなキッチン。

あたりはもうもうと煙がたち込めている中、公爵夫人は子守をしながら三本脚の腰掛に座ってる。竈のまえで料理人は、スープの大鍋を魔女のようにかき回す。

「ペッパーの入れすぎだわ!」とくしゃみをこらえてひとり言。

あたりいちめんにペッパーの粉が舞っています。公爵夫人は時々くしゃみ、赤ちゃんはクシャミとオギャーの遠吠え中。

クシャミをしていないのは料理人と竈に寝そべる猫だけ。それが耳まで大きく裂けたような口で、にんまり笑ってる。

`Please would you tell me,' said Alice, a little timidly, for she was not quite sure whether it was good manners for her to speak first, `why your cat grins like that?

'It's a Cheshire cat,' said the Duchess, `and that's why.

Pig!'

She said the last word with such sudden violence that Alice quite jumped; but she saw in another moment that it was addressed to the baby, and not to her, so she took courage, and went on again:--

I didn't know that Cheshire cats always grinned; in fact, I didn't know that cats COULD grin.'

`They all can,' said the Duchess; `and most of 'em do.'

`I don't know of any that do,' Alice said very politely, feeling quite pleased to have got into a conversation.

`You don't know much,' said the Duchess; `and that's a fact.'

「お尋ねしたいんですけれど」とアリスはおっかなびっくりに声をかけました。アリスが先に声をかけることが失礼かどうか自信がなくって。

「あなたの猫はどうしてあんなふうに笑っているのですか?」

「チェシャ猫だからです。」と公爵夫人。

「おわかりになった?このブタ!」

このブタ?あんまりものすごい勢いで公爵夫人が言うもんですから、アリスはびっくり仰天で飛び上がりました。

ところが「このブタ!」はアリスではなく、赤ちゃんだということがわかって、気をとりなおして、また続けます。

「チェシャ猫がこんなふうに笑うなんて知りませんでした。猫が笑えるとも思わなかったものですから。」

「猫はたいてい笑えるものです。」

「そんなこと全然知りませんでしたわ。」

「まったく物事を知らないなんて」と侯爵夫人。「まったく小娘ですわね。」


Arthur Rackham, 1907

Alice did not at all like the tone of this remark, and thought it would be as well to introduce some other subject of conversation. While she was trying to fix on one, the cook took the cauldron of soup off the fire, and at once set to work throwing everything within her reach at the Duchess and the baby- -the fire-irons came first; then followed a shower of saucepans, plates, and dishes.

The Duchess took no notice of them even when they hit her; and the baby was howling so much already, that it was quite impossible to say whether the blows hurt it or not

`Oh, PLEASE mind what you're doing!' cried Alice, jumping up and down in an agony of terror. `Oh, there goes his PRECIOUS nose'; as an unusually large saucepan flew close by it, and very nearly carried it off.

`If everybody minded their own business,' the Duchess said in a hoarse growl, `the world would go round a deal faster than it does.' .

アリスはこの物言いに気が滅入り、話題を変えようと迷っているうちに・・・。なんと料理人が大鍋を火からおろしたとたん、子守をしている侯爵夫人にあらゆるものを投げつけ始めたのです。

暖炉用具、ひのしアイロン、ソースパンに、お皿やお鉢が雨霰のように降ってきます。

公爵夫人は何があたろうが気にもしない。

赤ちゃんは遠吠えのように泣いているのでお皿の雨にあたったのかもわかりません。

「ねぇ、お願い!気をつけて!」とアリスは飛び回りながら恐々叫びます。

「あっ!赤ちゃんの鼻がもげちゃうわ!」

それはそれは大きなソース鍋が、すんでのところで赤ちゃんの鼻を削ぐところ。

「他人のすることに口出しをしなければ」と公爵夫人はしゃがれた声で喧しく声をあげ、「この世はずっと速く回るでしょうに。」

`Which would NOT be an advantage,' said Alice, who felt very glad to get an opportunity of showing off a little of her knowledge. `Just think of what work it would make with the day and night! You see the earth takes twenty-four hours to turn round on its axis--'

`Talking of axes,' said the Duchess, `chop off her head!'

Alice glanced rather anxiously at the cook, to see if she meant to take the hint; but the cook was busily stirring the soup, and seemed not to be listening, so she went on again: `Twenty-four hours, I THINK; or is it twelve? I--'

`Oh, don't bother ME,' said the Duchess; `I never could abide figures!' And with that she began nursing her child again, singing a sort of lullaby to it as she did so, and giving it a violent shake at the end of every line:

Arthur Rackham

Arthur Rackham


「そんなこと得にもなりませんわ。」物知り顔で、ようやく知識をひけらかすチャンスとばかりに得意になって言いました。「考えてごらんなさい。昼と夜はどうなることやら。地球はアクシズ(axis 地軸)のまわりを24時間で1回転するんです。」

「アクシス(axes 斧)といったのね。」と公爵夫人。「この女の首を撥ねなさい!」

たとえば、①地軸を邦訳でスプーナリズムの手法で恥辱として、「恥辱といったわね、この女の首を・・・」ともありますね。②または「1回転するんです。まさか・・・とすると、「まさかりですって、この女の首を・・・」と邦訳されているものがあります。聞き間違いのひとつでこれは「フロイトすべり」に分類されるのでしょうか。わたしは、アクシズ、アクシスをそのまま使用しました。スプーナリズムの手法です。

これは大変とアリスは、料理人が首を撥ねにこないかと不安そうに振り返ると、スープをかき回すのに夢中になっているようでした。そこでアリスは「24時間でしたかしら。12時間だったかしら、私ったら・・・」

「もうお構いなく。」と公爵夫人。「私は数字に我慢できませぬ。」こういいながら子守をはじめました。子守唄をうたい一小節が終わるたびに赤ちゃんを乱暴に揺すぶります。

`Speak roughly to your little boy,
And beat him when he sneezes:
He only does it to annoy,
Because he knows it teases.'

CHORUS.

(In which the cook and the baby joined):--

`Wow! wow! wow!'

While the Duchess sang the second verse of the song, she kept tossing the baby violently up and down, and the poor little thing howled so, that Alice could hardly hear the words:--

`I speak severely to my boy,
I beat him when he sneezes;
For he can thoroughly enjoy
The pepper when he pleases!'

CHORUS.

`Wow! wow! wow!'

少年には喧しく語りかけ
くしゃみをしたらひっぱたけ
くしゃみをするのは嫌がらせ
からかうことを知っている

CHORUS コーラス(料理人と赤ちゃんの合唱)

`Wow! wow! wow!' ワゥワゥワゥ

(公爵夫人はあんまり赤ちゃんを乱暴に揺さぶるので、赤ちゃんはますます遠吠えのような泣き声をあげます。アリスは次の歌詞が聞き取れませんでした。)

わたしの子には厳しく語り
くしゃみをしたらひっぱたく
心底子供は楽しんで
胡椒もきっと好きになる

CHORUS.

`Wow! wow! wow!'  ワゥワゥワゥ

Salvador Dali Alice in Wonderland 1969
「Pig and Pepper (Tree)」
(C)Random House・Maecenas Press刊
ダリの不思議の国のアリスから 豚と胡椒

  • 実は他の章同様に、この詩もディビット・ベイツの子守唄(1849年)のパロディです。高橋康也氏、沢崎順之助氏が邦訳していますので引用させていただきます。全9節のうちの2節邦訳されてますが1節だけ紹介します。

    幼子にも
    やさしく語りかけよ
    心して 幼きものの
    愛を得よ
    おだやかな言葉で
    そっと教え諭せ
    長寿に恵まれるとは
    限らぬ子なのだから

`Here! you may nurse it a bit, if you like!' the Duchess said to Alice, flinging the baby at her as she spoke. `I must go and get ready to play croquet with the Queen,' and she hurried out of the room. The cook threw a frying-pan after her as she went out, but it just missed her.

Alice caught the baby with some difficulty, as it was a queer- shaped little creature, and held out its arms and legs in all directions, `just like a star-fish,' thought Alice. The poor little thing was snorting like a steam-engine when she caught it, and kept doubling itself up and straightening itself out again, so that altogether, for the first minute or two, it was as much as she could do to hold it
.

Sir John Tenniel

Sir John Tenniel - 1865


「この子をあやすの、よろしくて?」公爵夫人は赤ちゃんをボールのように投げてよこしました。「私は女王陛下とのクロッケト試合の仕度をしなければ。」と公爵夫人は急いで部屋を出て行きました。出なしに料理人は夫人の後ろにフライパンを投げつけましたが命中せず。

アリスは必死に赤ちゃんを受け止めました。奇妙な形をした生き物で、手足を四方八方に伸ばしていたからです。

「まさしくヒトデだわ。」とアリスは思いました。かわいそうに、受け止めたときは蒸気機関車のように鼻を鳴らし、からだを折り曲げたり伸ばしたりするので、抱いているのが精一杯。

As soon as she had made out the proper way of nursing it, (which was to twist it up into a sort of knot, and then keep tight hold of its right ear and left foot, so as to prevent its undoing itself,) she carried it out into the open air. `IF I don't take this child away with me,' thought Alice, `they're sure to kill it in a day or two: wouldn't it be murder to leave it behind?' She said the last words out loud, and the little thing grunted in reply (it had left off sneezing by this time). `Don't grunt,' said Alice; `that's not at all a proper way of expressing yourself.'

やっとあやせるようになり外へ連れ出します。

(身体をねじって結んで、右の耳と左の足をしっかりつかんでほどけないように。)

「わたしがこの子を連れ出さなかったら、1日、2日できっと殺されてしまうわ。赤ちゃんを置き去りにするなんて人殺しよ。」

最後の言葉を声に出すとブーブーと答えます。(くしゃみはとまっていました)「ブーブーなんて不平は言ってはダメ」とアリス。「自分の意見に、そんないいかたはよくないわ。」

※grunt の掛詞ではないかと。


Alice099

アニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)
(c)www.style.com/Vogue
豚と胡椒(Pig & Pepper)
カール・ラガーフェルドとシャネルとショーメで着飾ったアリス


The baby grunted again, and Alice looked very anxiously into its face to see what was the matter with it. There could be no doubt that it had a VERY turn-up nose, much more like a snout than a real nose; also its eyes were getting extremely small for a baby: altogether Alice did not like the look of the thing at all. `But perhaps it was only sobbing,' she thought, and looked into its eyes again, to see if there were any tears.

赤ちゃんはまたブーブー。今度は心配でたまらなくなり、赤ちゃんを覗き込みました。

まぁ、どうして鼻の上が上を向いてるの。ブタのよう。どうしてお目目がちっちゃいの。

なんだかこんな赤ちゃんは好きにはなれないわ。

きっと泣いたせいかしら。と覗き込むと、いいえ涙は一滴も浮かんでいない。

No, there were no tears. `If you're going to turn into a pig, my dear,' said Alice, seriously, `I'll have nothing more to do with you. Mind now!'

The poor little thing sobbed again (or grunted, it was impossible to say which), and they went on for some while in silence.

「もしブタに変身するなら」とアリスは大真面目。「もう友達にもなれないわ。いいわね。」かわいそうな赤ちゃんはまたブーブー、いえ泣きじゃくります。そして二人は暫くの間黙ったまま歩きました。


A.E. Jackson, 1915

Alice was just beginning to think to herself, `Now, what am I to do with this creature when I get it home?' when it grunted again, so violently, that she looked down into its face in some alarm

アリスは考えました。「この子を連れてお家に帰ったらどうなるかしら。」

またブーブーと泣き出す赤ちゃん。.

This time there could be NO mistake about it: it was neither more nor less than a pig, and she felt that it would be quite absurd for her to carry it further.

今度こぞ間違いようがあるはずがありません。

まぎれもないブタそのもの。あやしてだっこしているのは馬鹿げているじゃないの。

So she set the little creature down, and felt quite relieved to see it trot away quietly into the wood. `If it had grown up,' she said to herself, `it would have made a dreadfully ugly child: but it makes rather a handsome pig, I think.'

そこでアリスはこのちっちゃな生き物をおろし、そのおちびちゃんが喜んで森のなかへ走っていくのをみて、とてもさっぱりした気分になりました。

「あの子が大きくなったらさぞ醜い子になったでしょうよ。でもブタにすれば素敵な子ね。」

And she began thinking over other children she knew, who might do very well as pigs, and was just saying to herself, `if one only knew the right way to change them--' when she was a little startled by seeing the Cheshire Cat sitting on a bough of a tree a few yards off.

そこで彼女は知っている子の顔を思い浮かべては、ブタとしてなら結構そこそこマシかなと思ったり。

「あの子達を変身させることさえできたなら・・・」

そのとき2、3ヤードはなれた木の枝に、チェシャ猫が座っている姿を見て、少し驚いたアリスでした。


挿画はジョン・テニエル(Sir John Tenniel)

The Cat only grinned when it saw Alice. It looked good- natured, she thought: still it had VERY long claws and a great many teeth, so she felt that it ought to be treated with respect.

`Cheshire Puss,' she began, rather timidly, as she did not at all know whether it would like the name: however, it only grinned a little wider. `Come, it's pleased so far,' thought Alice, and she went on.

猫はにんまり笑ってアリスを見ているだけ。気立ては良さそうだけれど、長い鉤爪に、大きな歯がずらり。これはなるべく礼儀正しく相手をしたほうが得かもしれない。

「チェシャ猫さま」とアリスはおずおずしながらきりだしました。この呼び方を気に入ってもらえたかは分かりませんが、チェシャ猫はさらにニヤリとしただけで。

`Would you tell me, please, which way I ought to go from here?'

「どうぞ、どの道を行けばよいのかを、わたくしに教えてくださいませ。」  

`That depends a good deal on where you want to get to,' said the Cat.

「それはどこに行きたいか。そこが問題だ。」 と猫。

`I don't much care where--' said Alice.

「どこでも構わないのです。」とアリス。

`Then it doesn't matter which way you go,' said the Cat

「それならどの道でも構わないさ。」と猫。.

`--so long as I get SOMEWHERE,' Alice added as an explanation.

「・・・・ どこかに行き着けるかなんですけれど。」とアリスは言い添えます。

`Oh, you're sure to do that,' said the Cat, `if you only walk long enough.'

「 行き着けるに決まっているさ。歩き続けていれば。」

Alice felt that this could not be denied, so she tried another question. `What sort of people live about here?'

当然至極の答えに、アリスは質問を変えました。「このあたりには、どんな人が住んでいるのでしょう?」

`In THAT direction,' the Cat said, waving its right paw round, `lives a Hatter: and in THAT direction,' waving the other paw, `lives a March Hare. Visit either you like: they're both mad.'

「あのあたりには、」と猫は右足をくるりと回し、「帽子屋が住んでいる。そしてむこうには」ともう一方の前足をくるりとさせ、「うかれ兎が住んでいる。どちらでも好きな方を訪ねればいい。どちらも気狂いさ。」


絵 作場知生 1988年
不思議の国のアリス 新樹社
P125から画像引用

`But I don't want to go among mad people,' Alice remarked.

「気狂いのところには行けやしない。」とアリス。

`Oh, you can't help that,' said the Cat: `we're all mad here. I'm mad. You're mad.'

「仕方がないのさ。このあたりは誰でも気狂いだ。 僕も気狂い、君も気狂い。」

`How do you know I'm mad?' said Alice

「どうして私が気狂いだってわかるわけ?」.

`You must be,' said the Cat, `or you wouldn't have come here.'

「気狂いでなきゃ、ここまで来るわけがない。」

Alice didn't think that proved it at all; however, she went on `And how do you know that you're mad?'

そんな当てにならないお話、とアリスは思いながら「あなたはどうして自分が気狂いだってわかったの?」

`To begin with,' said the Cat, `a dog's not mad. You grant that?'

「それじゃぁさ、犬は狂っている?いないさ。意義ある?」

`I suppose so,' said Alice.

「いいえ、そのとおり。」

`Well, then,' the Cat went on, `you see, a dog growls when it's angry, and wags its tail when it's pleased. Now I growl when I'm pleased, and wag my tail when I'm angry. Therefore I'm mad.'

「それではだ。」と猫は続けて、「知っての通り、犬は怒ると唸る、嬉しいと尾を振るのさ。僕は嬉しいときに唸り、怒ったときには尾を振り上げる。だから僕は狂っているのさ。」

`I call it purring, not growling,' said Alice.

「それは唸っているんじゃなくて、ゴロゴロ言っているのよ。」

`Call it what you like,' said the Cat. `Do you play croquet with the Queen to-day?'

「どちらでも好きなように。」と猫。「ところで君、女王陛下とクロッケーの試合はするのかい?」

`I should like it very much,' said Alice, `but I haven't been invited yet.'

「それはしたいわ。」とアリス。「でも招待されていないもの。」

`You'll see me there,' said the Cat, and vanished.

「そこで落ち合おう。」と猫はすぅーっと消えました。


(c)Relaxnews/Walt Disney Pictures

Alice was not much surprised at this, she was getting so used to queer things happening. While she was looking at the place where it had been, it suddenly appeared again.

アリスはまったく驚きもしない。もう摩訶不思議には慣れっこになっていましたから。ただそこを見つめているアリス。すると、また猫があらわれて。

`By-the-bye, what became of the baby?' said the Cat. `I'd nearly forgotten to ask.'

「ところで赤ん坊は?うっかり聞き忘れるところだった。」

`It turned into a pig,' Alice quietly said, just as if it had come back in a natural way.

「あの子ったら豚になったのよ。」とアリスは落ち着き払って答えます。

`I thought it would,' said the Cat, and vanished again.

「そうじゃないかと思ったよ。」そういって猫は再び消えたのです。

Alice waited a little, half expecting to see it again, but it did not appear, and after a minute or two she walked on in the direction in which the March Hare was said to live. `I've seen hatters before,' she said to herself; `the March Hare will be much the most interesting, and perhaps as this is May it won't be raving mad--at least not so mad as it was in March.' As she said this, she looked up, and there was the Cat again, sitting on a branch of a tree.

また猫が現れるかもしれないと、少しの間アリスは待っていましたが、それきりになったので、うかれた三月兎が住んでいるという方に歩き出しました。「気狂い帽子屋には会ったことはあるし、三月兎のほうが面白そう。」とアリスの独り言。

「いまは5月だもの。そうたいして狂っていないはず。兎がうかれるのは3月だものね。」とういいながら、ふと上をみると、またしてもあの猫が木の枝に座っています。


Artwork_images_117084_186326_anniel

アニー・リーボヴィッツ(Annie Leibovitz)
(c)www.style.com/Vogue
チェシャ猫 (The Cheshire Cat)

`Did you say pig, or fig?' said the Cat.

「君、さっき言ったこと、ブタそれともフタ?」と猫

`I said pig,' replied Alice; `and I wish you wouldn't keep appearing and vanishing so suddenly: you make on quite giddy.'

「ブタだわ。」とアリス。「ねぇ、突然現れたり消えたりしないでちょうだいな。目がまわっちゃう。」

`All right,' said the Cat; and this time it vanished quite slowly, beginning with the end of the tail, and ending with the grin, which remained some time after the rest of it had gone.

「了解」と猫はいうと、こんどはゆっくりゆっくりと消えていきます。尻尾の先から消え始め、にやにや笑いでお終いです。

そのにんまりしたお口だけ、しばらく残っていたのです。

`Well! I've often seen a cat without a grin,' thought Alice; `but a grin without a cat! It's the most curious thing I ever say in my life!'

「わぉ、笑わない猫はよく見るけれど、猫なしの猫の笑いは、これまで一度も見たことない!」

She had not gone much farther before she came in sight of the house of the March Hare: she thought it must be the right house, because the chimneys were shaped like ears and the roof was thatched with fur. It was so large a house, that she did not like to go nearer till she had nibbled some more of the lefthand bit of mushroom, and raised herself to about two feet high: even then she walked up towards it rather timidly, saying to herself `Suppose it should be raving mad after all! I almost wish I'd gone to see the Hatter instead!'

そんなに長く歩くこともなく、三月兎のお家がみつかった。どうして三月兎の家だと思ったのでしょう。それは耳のような煙突に、毛皮の屋根のお家だったからなのです。あまりに大きなお家に戸惑いながら歩きます。歩きながらキノコの欠片を一口。いつの間にか2フィートの背丈になっている大きなアリスは、それでも恐る恐る歩きます。

「ものすごい気違いだったらどうしよう。気狂い帽子屋のほうがマシだったかな。」

第6章 おわり


Photo by Annie Leibovitz & Tim Burton 
「Alice in Wonderland」

記事
(タイトルは英語ですが日本のブログですぅ)

T・バートン 不思議の国のアリス

Alice in Wonderland

Alice in Wonderland The Mad Tea Party

Tim Burton Alice in Wonderland 2010

Alice in Wonderland Tweedledum and Tweedledee


余談 テニエルの公爵夫人のモデル、マセイス「醜い公爵夫人」


405pxmargarethe_tirol

Margaret, Countess of Tyrol

マセイスの「醜い公爵夫人」のモデル、マルガレーテ・マウルタッシュ(Margarete Maultasch)伯爵夫人(1318-1369)です。彼女は、ゲルツ家のマインハルト朝チロル(ティロル)の最後の伯爵夫人。

マウルタッシュというのが、彼女の通り名です。

Maultasch(マウルタッシュ)って売春婦や醜い女という意味なんです。教会のプロバガンダによってということがチラリと掲載されていましたが。

ヨハン・ハインリヒと離婚後、ルートヴィヒ5世(バイエルン公)と結婚。この政略結婚は宗教上の破門を渡される結果となります。

マウルタッシュというのは、そこから生まれたのではないでしょうか。

彼女には跡継ぎが亡くなったので、ハプスブルグ家のルドルフ4世が継ぎました。


追記アベラルド・モレル 不思議の国のアリス1998


20100216_1041148

アベラルド・モレル チェシャ猫 1998 不思議の国のアリス
(C)ABELARDO MORELL

SAI(XAI)がまた興味深いアリスをアップしました。写真家アベラルド・モレルの挿絵「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル)から何枚かアップ。

テニスンに倣ったアリスがか・か・かわいい。

アベラルド・モレル 不思議の国のアリス1998

| | トラックバック (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »