« ルーカス・クラナッハ 七つの「パリスの審判」 | トップページ | クロード・ベルランド Claude Verlinde »

2010年4月24日 (土)

ミレイ 「オフィーリア」の音楽

Jared_joslindreaming_of_ophelia_200

.

ジャレッド・ジョスリン(Jared Joslin )の「夢見るオフィーリア(2005)」はシェイクスピアの物語とも、クレイモアのオフィーリアでもオフィーリアの曲でもありません。

女性の肖像画を描いたり、オブジェクトとを作成したり、とっても独特で、KAFKAも好き嫌いがあるアーティスト。

たいてい室内の窓の外は黒煙の工場が見えます。なぜ「オフィーリア」と名をつけたのでしょうか。

ハムレットのオフィーリアはこちら

オフィーリア  Ophelia

詩は有声の絵、絵画は無声の詩 ハムレットから

モダンヌ・オフィーリア ランボーのオフェリア

オフィーリア 水の精 花の女神

オフィーリアは自立した女性ではなく、恋人に大切に見守ってもらいたい女性の一人。

ミレイはそうした哀れな女性として、花言葉を考えて描いています。ミレイのオフィーリアの花言葉、そして口ずさんでいた歌にでてくる愛しいロビンの姿も、下記サイトからご覧ください。

記事 「五月の薔薇に髑髏とロビン ミレイのオフィーリアから」(Millais's Ophelia)

.

Joseph Stella _ophelia

オフィーリア 1926年 by ジョゼフ・ステラ (1877-1946)

.

シェイクスピアから時代を経て、19世紀ではラファエル前派をはじめ、ずいぶんオフィーリアの「狂気」を主題にした作品が多く、ミレイの「オフィーリアの死」も有名です。

モダンヌ・オフィーリアからは、ミレイの「オフィーリア」を思い浮かべるようなランボーのオフィーリアの詩「オフェリア」が、オフィーリアの作品に添えられています。

音楽では、作曲家のルイ・エクトル・ベルリオーズ(Louis Hector Berlioz 1803-1809)は、やはりオフィーリアの作品を描いた画家ドラクロワ、作家のユゴー、そしてべりオーズは「ロマン主義芸術の三位一体をなしている」と当時の作家であり評論家のゴーティエが絶賛しています。

幻想交響曲の「トリスティア」は、第1曲「宗教的瞑想曲」、第2曲「オフィーリアの死」、第3曲 「ハムレットの終幕のための葬送行進曲」となっています。

ポール・バーネル(Paul Burnell)はオフィーリアの最後の歌(Ophelia's Last Song)は「Fan tastic garlands She fell~」とはじまります。

楽譜に歌詞は、ポール・バーネルのサイトからご覧いただけます。

Paul Burnell

|

« ルーカス・クラナッハ 七つの「パリスの審判」 | トップページ | クロード・ベルランド Claude Verlinde »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85845/4578701

この記事へのトラックバック一覧です: ミレイ 「オフィーリア」の音楽:

» モダンヌ・オフィーリア ランボーのオフェリア [La fleur eternelle]
オフィーリア 1908 by マーガレット・マクドナルドオフィーリア by フランセス・マックネイアアルチュール・ランボー 中原中也 訳 「オフェリア」    1星眠る暗く静かな浪の上、蒼白のオフェリア漂ふ、大百合か、漂ふ、いともゆるやかに長き面に横たはり。近く...... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 00時20分

» ルドン 「オフィーリア」 Odilon Redon,Ophelia [BLUE MOON]
ルドンといえば、強烈な色彩か、変わった妖怪のような版画を思い浮かべてしまいますが [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 00時30分

» オフィーリア 3枚の肖像画 [mari-note]
オフィーリア(死の婚約者)1842年 ギュスターヴ・クールベ オフィーリア(また [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 06時42分

» オフィーリアの狂気 [Adventures in Wonderland]
日本のオフィーリア好きは、やっぱり夏目漱石が根付かせたのかな。それともランボーの詩を訳した中原中也だろうか。ミレイの描いた「オフィーリア」に群がる人々はみんな同じことをいう。「美しい花」「美しいオフィーリア」これが常識なんだろうか、と思っていたら、よかった、よかった。やっぱり「美のオフィーリア賛歌」じゃないよ、とあった。このオフィーリアに扮した人は英国の女優で、メアリ・キャサリン・ボルトン。このタイトルも「オフィーリアのメアリ・キャサリン・ボルトン」(1813年)です。白いドレスに花篭を持っている。... [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 21時20分

» 狂ひ女 オフィーリア [sweet-sweet-sweet]
オフィーリアドメニコ・トジェッティ &ジェイムズ・ベルトラン オフィーリアを4年 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 22時15分

» 五月の薔薇に髑髏とロビン ミレイのオフィーリアから Millais's Ophelia [Life Style Concierge]
ジョン・エヴァレット・ミレイ「オフィーリア」哀れなオフィーリア。このときの様子はハムレットの母 王妃ガートルードの言葉から人魚のように漂うまでの情景を思い浮かべることができます。シェイクスピアが好きな皆さんなら諳んじることもあるでしょう。今回は新訳河合祥一郎さんを参考にしています。 王妃の言葉は過去記事からご覧ください。小さい画像ですが30枚ほどのオフィーリアの肖像画も掲載しています。 2006年の過去記事「オフィーリア」 ヨゼフ・クロンハイムのオフィーリアオフィーリアがきんぽ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 17時27分

« ルーカス・クラナッハ 七つの「パリスの審判」 | トップページ | クロード・ベルランド Claude Verlinde »